水のコラム

トイレタンクの水が止まらない!原因と対応方法はどうなるの?

2021年09月13日  トイレのトラブル

トイレのタンクからずっとチョロチョロという音がする、そんなときはタンクの水漏れが原因かもしれません。トイレが使えないわけではないので、気になりつつもついそのままにしておく人も多いのではないでしょうか。しかし、タンクの外まで水が漏れはじめて、水道代が跳ね上がっても、後の祭りです。タンクの水漏れに気が付いたら、実質的な被害が出ていなくてもすぐに対応するようにしましょう。

今回は、タンクの水漏れに気が付いたときにすべきことをまとめました。

トイレタンクの水漏れの原因を究明しましょう

普通は、トイレの水を流すとタンク内へ給水が始まります。最初は勢いよく水が溜まっていく音が聞こえますが、そのうちチョロチョロした音に変わり、やがて止まります。しかし、そのチョロチョロとした音がずっと止まらないのは、タンクの中の不具合のせいで給水が止まらなくなっているからです。そうなると、タンクの中のどこに不具合があるか、確かめなければなりません。

タンク内への給水が止まらない場合に、まず不具合を疑うべき部品は、フロートバブルかボールタップです。ボールタップは給水管からタンク内、ボールタップはタンク内から便器への給水を調節しています。そのいずれかに不具合があると、タンク内での給水が止まらなくなるのです。

問題のある部品を修理もしくは交換すれば、水漏れを解決できます。どちらの部品も、ホームセンターなどで簡単に手に入るので、気が付いたらご自分で修理することも可能です。不具合がある部品を見極めて、早めに交換もしくは修理してしまいましょう。

トイレタンクの中をのぞいたことがありますか?

とは言っても、「そもそもフロートバブルやボールタップがどこにあるのかわからない」という方がほとんどだと思います。トイレのタンクの中を見たことがない方も、中にはいらっしゃるでしょう。ここでは、トイレタンクの蓋の開け方を説明します。

たいていのトイレタンクの蓋は、持ち上げるだけで簡単に外れますが、とても重いので落とさないように気をつけてください。可能であれば、2人以上で作業したほうが安心です。手洗い部分が中の蛇腹管と接続されている場合は、ナットを緩めて取り外します。

DIYに慣れていない方だと、この時点でも難しく感じるかもしれません。そうであれば、無理をせずに水道業者に依頼してしまうのも賢い選択です。

原因となっている部品を見つけましょう

無事にトイレタンクの蓋が開いたら、最初にチェックしていただきたいのがタンク内の水位です。タンクの底から真っ直ぐ上に伸びている管が見えるかと思いますが、それはオーバーフロー管といいます。そのオーバーフロー管の先端から2cm~3cm下が、本来あるべき標準水位です。タンク内の水位がここより低いもしくは高いかで、不具合のある部品がわかります。

水位が標準より低いのであれば、フロートバルブに不具合がある可能性が高いので、実際に確認してみましょう。フロートバブルは、チェーンとゴム球の部分に分かれています。チェーン部分が絡まったりしている場合は、ここが原因かもしれません。ゴム球が浮いてしまっている、隙間があるなど、異常がある場合は、ゴム球を交換すれば水漏れを解消できるでしょう。

もし、トイレタンク内の水が標準より高ければ、ボールタップに問題があります。ボールタップに付いている浮き球を持ち上げてみてください。持ち上げても水が止まらないのであれば、浮き玉の下のボールタップ本体が劣化していると考えられます。この場合も、ボールタップを交換すれば、解決できます。

部品の交換のときに気をつけたいこと

部品の交換自体は、そこまで難しい作業ではありませんが、いくつか注意していただきたい点があります。まず、修理や交換作業の前には必ず止水栓を閉めてください。このとき、止水栓を何回回したか数えておくと、もとに戻すときに役立ちます。部品を交換する前に、水を流してタンク内を空にして、作業しやすくしましょう。また、実際に中を見て驚かれる方が多いのですが、トイレタンクの中はあまりきれいとは言えません。必ずゴム手袋などをはめて作業するようにしましょう。

必要な工具は、マイナスドライバー、モンキーレンチです。部品の交換の際は、ご自宅のトイレにあった部品を調達する必要があります。トイレの型番を調べてから、それにあった部品を買いましょう。たいていの部品は、ホームセンターやインターネット通販で手に入りますが、メーカーの公式サイトでも販売していることがあります。

部品の取り外しがうまくいかない場合は、決して力を入れて無理に取ろうとしていけません。必要以上の力がかかると、トイレタンク本体や便器を傷つけてしまうおそれがあるからです。専門業者に依頼して交換してもらうことも、視野に入れたほうがよいでしょう。費用は、施工料金と出張料金を合わせても1万円程度になります。

水回りのトラブルでお悩みならしまね水道職人にご一報ください

水漏れ、詰まり、下水のような悪臭など、水トラブルはいつ起こるかわかりません。しまね水道職人は、松江市を中心とした出雲市、大田市、益田市、雲南市、安来市など島根県で、日夜お客さまの水トラブルの解決をお手伝いしています。どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。お電話お待ちしております。

しまね水道職人(島根水道職人) 0120-492-315

しまね水道職人(島根水道職人) 0120-492-315