電話して相談する

水のコラム

こんな症状はトイレの詰まりかも?詰まりの前兆と主な原因・自分でできる修理方法を紹介

2021年06月26日  トイレのつまり

トイレは急に詰まることもありますが、徐々に詰まることもよくあります。
そのときは、水の流れが少しずつ悪くなるなどの前兆があるので、その時点で気づけば早期に対処することができます。

ここでは、主なトイレの詰まりの前兆と原、自分でできる修理方法を紹介していきます。

トイレが詰まる前兆

トイレが完全に詰まる前は、トイレットペーパーが多めに引っかかったり、排せつ物のかけらが引っかかったりして、気を付けてみるとトイレの様子にも前兆と言われる症状が出ることがあります。

どんな症状があるのか一緒に見ていきましょう。

・水の流れが悪くなる
便器からの水の流れが悪くなる症状です。
排水管の奥で詰まっている可能性があり、排水レバーを引くと水位が上がることがあります。
 
 
・便器の水位が下がらない
排水レバーを引くとタンクからの水は十分に出るのに、便器内の水位が高くなって通常の水位に戻らないか、戻るのに時間がかかる症状です。
水位が溢れそうなほど上がる場合は、水の流れが全くないか、かなり詰まっている状態だといえます。
 
 
・タンクから出る水が弱く少量
タンクからは排せつ物を流すのに十分な量の水が排出されます。
それがいつもの半分以下で水流・水量・水圧ともに弱々しい場合は、タンクか便器の排水管に問題があることがほとんどです。
 
 
・排水時の異音
水を流すと通常は水が流れる音のみ聞こえますが、ポコポコ、コポコポといった空気が動くような音が聞こえるのも前兆の1つです。

タンクから聞こえるのか、便器から聞こえるのか、もっと便器の下の方から聞こえるのかなど聞こえる位置によって、問題がある場所を特定できます。
 
 
・便器からいつもと違う異臭がする
普段はトイレが臭うとしても、強い臭いや耐えきれないような悪臭はほとんどありません。
それが、いつもと違うと思えるような悪臭や、耐えきれないような臭いの場合は、便器の異常のサインです。

トイレが詰まるのはなぜ?詰まる原因

トイレで詰まりが起こるのは、排水路から下水に流れるところまでが狭くなっていることや、排水管には圧力がかかっておらず、傾斜のみで排水させる仕組みになっているなどの原因が挙げられます。

そのほか、便器が意外とデリケートな設計で、1回に流せる量を超えると引っかかりやすいことや、物理的にプラスチックなどの固形物を流すには不向きなこともあります。
また、排せつ物は毎回同じ量を出すわけではないので、日々の体調や家族構成によっても詰まることがあります。

自分でできる修理方法を解説

・水やお湯で流しこむ
トイレットペーパーや排せつ物を多く流してしまった場合に有効なのが、水やお湯を流すことです。
水圧や水より高めの温度を与えることで、詰まりの原因が溶けやすくなるのを期待できます。

どちらの場合も便器よりも高い位置から滝のように流すのがポイントで、お湯の場合は熱湯はNGなので、50℃程度の湯を使います。
 
 
・ラバーカップや真空式パイプクリーナーを使う
ラバーカップは、スッポンなどと呼ばれる詰まりを直す道具で、排水口を覆うように設置して使います。
ラバーカップのゴムの部分をゆっくり押し付けて、空気を押し込んだところを一気に引き抜く使い方をします。

押し込むときよりも引くときが重要なため、勢いよくグッと引くようにしましょう。
空気の移動により詰まりをずらすことや、異物を手前に引き抜くことができます。
 
 
・中性洗剤や塩素系の薬品を使う
中性洗剤や塩素系のトイレハイターなどは、たんぱく質や油分を分解する効果が期待できます。
排せつ物が詰まっている場合は、それらに含まれるたんぱく質や油分を分解してくれるので、詰まった箇所を柔らかくし、ほぐれやすくすることができます。

ただ、中性洗剤とトイレハイターは一緒に使わないことが基本で、1回につき1種類のみを使うようにします。
別の洗剤を試したいときは、先に使ったものをきちんと流してからにしましょう。

自分で修理するか業者に依頼するかの判断ポイントはコレ!

トイレの便器やタンクのトラブルが発生したときに、自分で修理した方がいいのか業者を呼んで修理依頼する方がいいのか判断に迷う方もいることでしょう。
自分で直せるかどうかを判断するには、はじめにそれぞれの詰まりの症状と原因を把握することが大切です。

・トイレットペーパーを多く流してしまった
・排せつ物の量が多かった
・間違って子どものミニカーなど異物を落としてしまった
・おむつを流してしまった
・生理用品を流してしまった

このように詰まりの原因がはっきりわかっている場合は、柔らかいもので水に溶けるものを流したときに限り、自分で直してみると良いでしょう。
原因がわからないときは、自己判断をしないで早めに専門業者に連絡する方が安心です。

トイレの詰まりの前兆があるときは早めに専門業者に相談しよう

しまね水道職人は、浜田市、出雲市、松江市、仁多郡などを中心に島根県の広域エリアで水まわりのトラブルを解消する専門業者です。

トイレをはじめ、風呂場・キッチン・洗面所などの水漏れや詰まりを、電話1本でスピード対応しています。

しまね水道職人(島根水道職人) 0120-492-315

しまね水道職人(島根水道職人) 0120-492-315