水のコラム

トイレの詰まりの意外な原因とは?流してはいけないものってどんなもの?

2021年09月13日  トイレのつまり

誰もが経験したことのある水トラブルがトイレの詰まりです。一番起こりやすい水回りトラブルといってもよいでしょう。しかし、トイレの詰まりの原因を知らないと、これからもトイレを詰まらせてしまうかもしれません。

今回は、どうしてトイレが詰まるのか、原因から対応方法までご紹介します。

トイレに流せるものと流せないものの違いは何?

当たり前のことですが、トイレに流せるのは水に溶けるものだけです。具体的には、排泄物、トイレットパーパー、水、この三つしかありません。これ以外のものは、すべて詰まりの原因になる可能性があります。

よくあるのが、ポケットに入っていた固形物を便器に落としてしまうパターンです。スマホや鍵のようにある程度大きくて大切なものであれば、すぐに気が付いて流す前に取り出せるでしょう。しかし、ペンのように小さくてどうでもいいものだと、落としたことにさえ気が付かないまま流してしまうことがあります。

トイレを流せばある程度の水圧がかかり、便器からは見えなくなりますが、どうしても排水管の奥で引っかかってしまいます。こういった場合、便器の奥まで手を突っ込んでも取れず、専門業者に依頼しなければならなくなる場合もあるのです。

大人が目を離したすきに、お子さんがおもちゃなどを便器に落としてしまうこともあります。もちろんお子さんに罪はありませんが、お子さんだけでトイレに行く場合は注意しておくとよいでしょう。ここまでご紹介したものは明らかに異物なので、わざと流す人はあまりいないでしょう。しかし、ここから説明するものは、流せると勘違いして毎回流している方もいらっしゃるかもしれません。

・トイレを詰まらせる意外なモノ
ペットの糞はトイレに流せません。同じ排泄物なのにどうしてと思われるかもしれませんが、お散歩中にした糞には小石や草などがくっついている可能性があるからです。またドライタイプのペットフードを与えていると、糞が固くなり水に浮きやすくなります。このような糞は人間のものより流れにくいので、決してそのまま流してはいけません。

ペットの糞の処理に関しては、自治体によって違いがあるので、まずはそれに従いましょう。自治体がペットの糞を回収してくれないなど、どうしてもペットの糞を流したい場合は、細かくして少しずつ流してください。

水に溶けないトイレシートなどは決して流さないようにしましょう。たとえ水に溶けるものであっても、一気に流すのはおすすめできません。面倒でも、少しずつ様子を見ながら流すべきです。ペットのトイレ用の砂なども同じことが言えます。

気分が悪くなったときに、トイレに駆け込む方も多いでしょう。しかし、嘔吐物もトイレの詰まりの原因になるので、注意が必要です。嘔吐物は排泄物と異なり、未消化の食べ物や油が多く含まれ、これが詰まりの原因になるからです。処理が楽なので、トイレで嘔吐しがちですが、できればやめておきましょう。トイレで嘔吐してしまった場合は、水を何度も流してなるべく詰まらないようにしてください。

余った錠剤の薬を流したことにより、トイレが詰まることもあります。消費期限が切れてしまい、もう飲まなくなってしまった薬の処理に困る気持ちはわかりますが、トイレに流してはいけません。

お風呂場でよく見られる現象ですが、髪の毛もよく排水口に詰まります。セルフカットで出た髪の毛も、くれぐれもトイレには流さないでください。

何でもトイレに流してしまえば、確かにそのときは楽かもしれません。しかし、一旦トイレが詰まってしまったら、さらに大変な思いをするはめになります。本来のトイレの用途と異なるものは流さない、と覚えておきましょう。

トイレが詰まったらどうすべき?

詰まっているものが何かによって、対応方法が異なります。まずは、何が詰まっているのか確かめましょう。プラスチック製など決して水に溶けない異物が詰まっている場合は、それを取り出す必要があります。ゴム手袋をはめて、便器の奥まで手を突っ込んで取れるかどうか試してみてください。このとき、無理して取ろうとすると、新たなトラブルの原因になるので避けましょう。

大量のトイレットペーパーや除菌シートなど、水に溶けるはずのものが詰まっている場合は、お湯を流してみましょう。このとき、熱湯ではなくぬるま湯を流すようにしてください。陶器は熱に弱い性質があり、陶器製の便器にヒビが入るおそれがあるからです。

お湯でもつまりが解消されない場合は、ラバーカップを使うとよいでしょう。このとき、少しでも水が引かないのであれば、すぐに専門業者を呼んで対応してもらってください。異物が完全に排水口の中で詰まっている状態なので、ラバーカップを使うとさらに奥に押し込んでしまうおそれがあります。水道業者を呼んだときの費用は、つまりの原因によっても異なりますが、高くても3万円はしないと予想されます。

水回りのトラブルはすべてしまね水道職人にお任せください

しまね水道職人は松江市を中心とした出雲市、浜田市、大田市、江津市、邑智郡邑南町、鹿足郡津和野町な島根県で、お客さまの水トラブルの解決に尽力しています。トイレ、お風呂場、キッチンなどの水回りのトラブルは、なるべく早く解決してしまいましょう。お電話一本で、プロの技術者がお客さまの元へ駆け付けます。

しまね水道職人(島根水道職人) 0120-492-315

しまね水道職人(島根水道職人) 0120-492-315