水のコラム

お風呂場の排水口トラブルを自力で解決する方法と予防策

2021年09月07日  お風呂の直し方

お風呂場でシャワーを浴びていたら、いつの間にか足元がお湯で溢れかえっていた…そんな経験はありませんか?今回は、自分でできるお風呂場の詰まり解決方法と、手軽にできる予防の仕方をご紹介します。

お風呂の排水口はなぜ詰まる?

お風呂場の排水口には、台所や洗面所などと同じように、排水トラップと呼ばれる水を溜めておく設備があります。水を溜めておくことで、下水管からの悪臭を防いで、下水管を伝ってやってくる害虫の侵入を防いでいるのです。この排水トラップという設備に使われる配管は複雑に曲がっていて、詰まりを起こしやすいともいわれています。

お風呂場では、毎日さまざまなものが水とともに流れていきます。代表的なものが、髪の毛、シャンプーなどの石鹸カス、皮脂や垢などの皮膚から落ちたもの、包装紙の切れ端などの固形物です。これらが排水口や排水トラップの中で蓄積することで、徐々に詰まりが発生してしまうのです。

お風呂の排水口詰まりを自力で解決する方法

・排水トラップを掃除する
必要なものは、風呂場用洗剤、スポンジ、不要な歯ブラシ、ゴム手袋です。排水カバー、ゴミ受け(ヘアキャッチャー)、排水筒(封水筒)、排水ピースを外し、一つずつ綺麗に汚れを取り除きます。排水トラップ内部に詰まっているゴミがあれば取り除き、歯ブラシなどで丁寧に掃除します。目に見える範囲の汚れやゴミを取り除けたら、外した時と逆の手順で元に戻して完了です。

・パイプユニッシュで洗浄する
排水トラップを掃除しても詰まりが解消されず、臭いなどが気になる場合の方法です。パイプユニッシュなどに代表される、液体パイプクリーナーで手の届かない範囲の汚れを洗浄します。この方法を用いる際は、必ず手袋を着用し、よく換気を行ってください。

・ワイヤーハンガーを使う
クリーニング屋などで貰えるワイヤーハンガーを分解して折り曲げ、排水トラップの奥など手が届かない場所にあるゴミを取り除く方法です。詰まりの原因が排水管まで行ってない場合に有効で、優しく擦り取るように動かします。無理に詰まりの原因を取り除こうと引っ掻き回すと排水トラップを傷つけてしまう可能性がありますので、作業は慎重に行ってください。

詰まらせないためには日々の手入れが大切

ここまで、風呂場の排水口が詰まってしまった場合に自分で行える解決方法をご紹介しました。再び詰まりを発生させないためにも、日頃から排水口周辺の状態を気にかけて適切な手入れを行う事が大切です。ここでは、お風呂場にある排水口のお手入れ方法の中でも手軽に行えるものを3つご紹介します。

・排水口用のゴミ取りシートを使用する
スーパーやドラッグストアの他、100円ショップなどでも購入できるゴミ取りシートを使用する方法です。さまざまなサイズや形状のものが販売されていますので、ご自宅のお風呂場にある排水口のサイズや形状を確認して、適した商品を選ぶようにしましょう。

ゴミ取りシートを使用する事で、髪の毛などの小さなゴミが排水口に流れていってしまうことを防ぐ効果が期待できます。溜まったゴミを処分する際は、髪の毛などには直接触れずにシートごと包んで捨てれば良いので、手元を汚さずに作業できるメリットもあります。排水口に絡まった髪の毛を取り除く手間が無くなるので、掃除がぐっと楽になるでしょう。

・パイプユニッシュで洗浄する
詰まりの解消に使用したパイプユニッシュですが、日々の排水口掃除にも役立てる事ができます。定期的に使用する事で、排水口の奥にある排水管など、自力では手が届かないような場所に流れてしまった髪の毛や皮脂などのぬめりを洗浄し、詰まりや臭いの予防になります。

上記で紹介したゴミ取りシートと併用して、シートを交換するタイミングで一パイプユニッシュでの洗浄も行うようにすれば、綺麗な排水口周りを維持できるでしょう。

・ヘアキャッチャーを交換する
お風呂場の排水口のサイズや形状によっては、こちらの方法も有効です。髪の毛などのゴミが一箇所にまとまるよう設計された形状のヘアキャッチャーを使用する事で、ゴミ取りシートと同様の効果が期待できます。わざわざティッシュなどで包んだりしなくても、ヘアキャッチャーをひっくり返すだけで楽にゴミを捨てられるタイプなどもあり、掃除の手間を省けるでしょう。

ただし、特殊な形をしている都合上、排水口によっては使えない場合もありますので、必ず使用できるか確認してから購入するようにしましょう。日々のお手入れをこれらのお手軽な方法で手間なく済ませつつ、可能であれば月に2回を目安に排水口トラップの掃除も行います。ゴミ取りシートやヘアキャッチャーでも防ぎきれなかった小さなゴミをしっかり取り除いて掃除する事で、詰まり知らずの風呂場を維持できるでしょう。

自力解決が困難な場合は業者に相談を

お風呂場の詰まりは、排水口や排水管の構造上、自力で解決する手段がどうしても限られてしまいます。無理に自分で何とかしようとして悪化させ、排水口や排水管を傷付けてしまうと、結局業者を呼ばざるを得なくなるだけでなく、高額の修理費を払うことになりかねません。

そうならないためにも、日頃から詰まり対策はしっかり行い、それでも詰まりが発生してしまった場合は、無理をせずすぐに業者に依頼するようにしましょう。

水回りのトラブルはしまね水道職人へ!

しまね水道職人は、松江市、浜田市、大田市、仁多郡など、島根県の広域を担当している水道専門の業者です。24時間受付のお電話が入り次第、最短30分で現場に駆け付け、水回りのあらゆるお悩みを迅速確実に解決いたします。水道トラブルでお困りの際は、ぜひしまね水道職人までご連絡ください。

しまね水道職人(島根水道職人) 0120-492-315

しまね水道職人(島根水道職人) 0120-492-315