水のコラム

排水管の高圧洗浄にかかる電気代や水の量は?

2022年07月30日  水回り

排水管の高圧洗浄を行うときは、水の流れが悪い場合や逆流をしてしまうときに行います。目安として3年~5年に1度定期的に、高圧洗浄をしていくことがおすすめです。しかし洗浄を自分でできるのか、業者に依頼した場合のコストも気になります。

そこで今回は、高圧洗浄を行うべきタイミングや洗浄方法、業者に依頼した場合のコストなを解説していきます。

排水管をきれいにさせることで、つまりを防止してご家庭のキッチン・トイレ・お風呂を快適に使用できるでしょう。

排水管の高圧洗浄を行うべきタイミングは?

高圧洗浄を検討するタイミングは排水口がどのような状態になったときでしょうか。はじめに行うべきタイミングを解説します。

スムーズに水が流れないとき
お風呂やトイレの水を流したとき、スムーズに水が流れないときがあります。この場合は、排水管がつまっている状態です。汚れが排水管の中に溜まっているか、固形物が挟まっていることが原因です。

少しずつ流れているからと言って放置してしまうと、排水桝までつまり家全体の排水ができなくなる可能性もあります。水の流れが悪いと感じたときは、排水管の高圧洗浄を検討してください。

排水するとに異音がするとき
排水しているときに、ゴボゴボと異音がするときも要注意です。この音も排水管に異変が起こっているサインになります。排水管のつまりが原因のときは、早急に対処が必要です。トイレなどは、トイレットペーパーや掃除シートを大量に流すとつまりの原因になります。

軽症な状態なら、ラバーカップなどでつまりを解消させてください。何度かチャレンジして異音が解消されない場合は、排水管の高圧洗浄を検討するタイミングです。排水管や排水桝のトラブルは難しい作業です。無理せず業者に依頼してみましょう。

洗濯機が運転中に停止するとき
洗濯物を大量に入れていないのに、洗濯機が停止してしまう場合があります。洗濯機の故障を先に疑いますが、排水時によく停止するときは排水管のトラブルを疑いましょう。ゴミなどが排水管に溜まってしまい、つまりを起こしはじめたサインかもしれません。

また排水ホースが折れ曲がっていても、排水がうまく行われずエラーになる場合もあります。エラー表示を確認して排水管のつまりが原因の場合は、高圧洗浄を検討するタイミングです。エラー表示の解説は、購入したときの説明書に記載されています。

排水口から水が逆流してくるとき
排水口から水が逆流してしまう原因のひとつに、排水管のつまりがあります。一番よくある原因です。食材のカスや油、石鹸カスなどが排水管で固まり、逆流してきます。初期段階であれば、液体パイプクリーナーなどの使用で、解消することが可能です。

しかし、パイプクリーナーやラバーカップを使ってもつまりが解消されない場合は、高圧洗浄を検討するタイミングです。そのほか家庭の排水は、一度排水桝を通ってから下水に流れ込む仕組みになっています。排水桝までつまっている場合は、高圧洗浄がおすすめです。

排水口から悪臭がしてくるとき
排水口から悪臭がする場合は、においがしてくる原因をまずはつきとめましょう。においが上がってくる箇所は4箇所あります。主に排水トラップまわり、排水ホース、排水ホースと塩ビ管の隙間、排水桝です。上から順に掃除をしていきましょう。

もし、排水ホースと塩ビ管の隙間まで対処しても、においが解消されないときは高圧洗浄を検討するタイミングです。排水桝がつまってにおいがしている場合は、排水管の汚れがかなり酷い状態ということです。高圧洗浄で排水管と排水桝を洗浄してください。

排水管の高圧洗浄にかかるコストを解説

つまりが酷い場合には、排水管の高圧洗浄がおすすめになります。しかし高圧洗浄の費用はどのくらいかかるものか疑問です。じつは高圧洗浄の作業は、住宅の広さや敷地面積で料金が異なります。戸建て住宅でも二世帯になっている場合は、料金が高い設定です。

排水管の高圧洗浄作業は、ほかの作業と比較して高くなっています。作業時間や家全体の排水に対して洗浄を行うため、コストが高くなるのです。業者や家の広さで多少料金は違いますが、目安として1万円~3万円程度と考えておきましょう。

排水管の高圧洗浄方法とは?具体例も

高圧洗浄で排水管を掃除していく方法は、集合住宅と戸建て住宅で異なります。

高圧洗浄をするときの流れを、確認してください。マンションやアパートにお住いの方は、大家さんか管理会社に、高圧洗浄をしてほしい旨を相談してみましょう。

集合住宅の場合
マンションやアパートの集合住宅では、排水口から高圧洗浄ノズルを挿入するために、各部屋への入室が必要です。全体的に作業をしていくため、下階から上階に向かって作業を行います。

下の階で排水管がつまっている場合、上から水を流すと漏水事故になる可能性があるからです。すべての配管を高圧洗浄してから、最後に排水口から水を大量に流す排水テストを行い、水漏れがないか確認します。排水の状況を目視で確認して、問題なければ完了です。

戸建て住宅の場合
戸建ての場合は、各室内の養生作業から開始します。そのあと室内側から排水口の流れを確認してから、外側の排水桝を洗浄していく流れです。排水桝が洗浄できたら、再び室内に戻ります。室内にある排水口の分解や清掃を行うためです。

室内にある排水口の清掃が完了したら、次に排水口の高圧洗浄が開始されます。室内にあるすべての排水口洗浄を行います。最後に水の流れを確認して、排水桝に流れる水が透明であれば完了です。

業者の高圧洗浄作業
市販の高圧洗浄機は、業務用よりも洗浄力が弱く、排水管の奥までノズルが届きません。そのため、業者に依頼することがおすすめです。業者の高圧洗浄は、水圧で押し戻されない専用のホースを使用しています。

逆噴射の高圧水の力で、排水管の汚れを吹き飛ばしながら進んでいくのが特徴です。下流側から詰まった物質を高圧水で崩しながら進みます。付着物は排水管の下流側へ流されていくため、室内へ流れ込むこともありません。

排水管の高圧洗浄を依頼する業者選びのポイント

排水管の高圧洗浄を依頼する業者を選ぶ際、どのような業者を選んだらよいのでしょうか。その疑問を解消するために、失敗しない業者選びのポイントをご紹介します。この記事を参考にして優良業者を選びましょう。

実績がある
実績がある業者を選ぶことは大切なポイントです。長い営業歴があるか、高評価がある業者なのかを確認しておきましょう。さらに自社のホームページがあるか、専門業者であるかをチェックしておけば、より安心です。

料金提示が適切
見積もりを提示されたら、金額が適正であるかを確認しておきましょう。平均目安の金額に近い見積もりであれば、ほぼ間違いはありません。かなり安い金額を提示された場合は、追加料金が発生することもあるため、注意が必要です。

自宅から近い業者
排水管のトラブルは、すぐに対応して貰いたい案件です。有名な大手メーカーでも引き受けは可能ですが、予約状況で工事が先延ばしになる可能性もあります。自宅から近い業者なら、すぐに駆けつけてくれることがメリットです。

保証やアフターサービスがある
排水管の高圧洗浄の作業では、保証までしてもらえる業者は少ないため、保証やアフターサービスがある業者は、信頼性が高いです。見積もりや問い合わせのときに、施工後すぐにつまったときは、対応してもらえるのかを確認しておきましょう。

自社施工ができる
依頼した業者のスタッフが施工する場合は、下請けに払う中間マージンが発生しません。そのため、工事費が安く抑えられるメリットがあります。

大手では、下請けに依頼することが多く、現場管理料金や諸経費が追加されるケースがほとんどです。コストを安く抑えたい場合は、自社施工できる業者なのかを調べておきましょう。

まとめ

高圧洗浄器は、市販のものは洗浄力が弱く排水管の洗浄には不向きです。また、排水桝の掃除も自力でやることは大変な作業になります。

そのため業者へ依頼することがおすすめになります。高圧洗浄を依頼するタイミングを確認して、早めに対処していくことが大切なポイントです。

しまね水道職人(島根水道職人) 0120-492-315

しまね水道職人(島根水道職人) 0120-492-315