水のコラム

キッチンでつまり発生!よくある原因・気を付けるべきポイントとは

2021年09月07日  キッチンのトラブル

台所は最もつまりが起こりやすい

日々の暮らしの中で欠かすことのできない水洗というシステムは、ときに何らかの原因により正常に水が流れなくなったり、つまりを起こして排水が滞ったり、水漏れを起こしてしまったりという不具合が生じます。そうした不具合の中でも、つまりというトラブルは比較的原因の追及がしやすく、だからこそ予防や対処もしやすいトラブルといえるでしょう。

ここでは、よく起こりがちで身近なトラブルともいえる、台所でのつまりについて知りましょう。お家の水回りの中で、最も多くの種類のものを流す場所、最も固形物を流す機会のある場所、それが台所です。トイレや洗面所、お風呂場では、日常的に流される湯水の中に含まれるゴミや不純物は限られています。

しかし、台所で日々の炊事や洗い物の際に出るゴミは、非常に多岐にわたります。料理をする際に出る野菜の切れ端や食べ残しなどの食べ物屑、調味料、油汚れにそれらを洗い流すための洗剤など、およそ他の場所では流すことのないものが、ごちゃまぜになって毎日流されているのです。

そんな場所なら、つまりを起こしても何も不思議ではありません。まずは、台所ではつまりが起こりやすいという認識を持って、予防と対策を練りましょう。

つまりを予防する

台所のつまり予防に何よりも効果的なのは、固形物を排水口で食い止めることです。そのために、ほとんどの台所では、シンクの排水口に受け皿として排水カゴが取り付けられています。皆さんが一番多く経験したことのあるつまりは、この排水カゴが生ゴミや油汚れでつまってしまい、水が流れずシンクに水が溜まった、というケースではないでしょうか。

大抵はこの排水カゴ自体の目詰まりによるものなので、掃除をして汚れを取り去ればつまりは解消されます。また、予防策として、ホームセンターやドラッグストアなどで売られている排水口ネットを取り付けて、定期的に取り替えを行うだけで、かなりの確率でつまりを回避できるでしょう。

前述した通り台所は多くの食べ物屑を流している場所です。また使用頻度も高い場所なので常に湿度が保たれやすいこともあり、短期間でぬめりやカビが発生しやすい環境でもあるのです。

排水カゴや排水ネットで受け止めきれなかった細かい生ゴミや油汚れなどが、その先の排水トラップや排水管で堆積され、ぬめりやカビに成長してつまりを起こしてしまいます。こうしたつまりの予防には、掃除に加え、手の届きにくい場所である排水トラップや排水管へのアプローチとして、定期的にパイプクリーナーなどの薬剤を使って汚れを溶かして流すという手段が有効です。

つまりが起こったときの対処法

それでもつまりを起こしてしまったときは、原因別に対処を考えましょう。排水管を掃除しようと排水カゴを取り除いていた際に誤ってキャップなどの固形物を流してしまったり、掃除をしていてスポンジが流れてしまったり、といった場合には、俗に「スッポン」と呼ばれているラバーカップを排水口にあてがって吸引してみてください。

ただし、意外と急激で局所的な圧力がかかる方法ですので、排水管や排水トラップなどに負荷がかかりすぎると新たな故障の原因につながりかねません。何度か試してみてうまくいかない場合、深追いはやめましょう。手の届かない範囲でのつまりには、専門の業者による点検や処置が必要です。

蛇口のつまり

排水口だけでなく、蛇口がつまって水が流れないというケースがあることを知っておいてください。排水口に対してはつまりを警戒して頻繁に掃除や予防を行っているという方でも、蛇口についてもつまりを意識しているという方は少ないのではないでしょうか。蛇口がつまる原因としてあげられるのが、やはり水道管内に発生したゴミやサビなどです。水道管からは常にきれいな水が流れてくると考えがちですが、どうしても取り除ききれない微細なゴミや、老朽化した水道管内のサビなどが剥がれて混入することもあるのです。

そうしたゴミをろ過して水を出すために、蛇口内部には「ストレーナー」と呼ばれる部品が存在します。また、水の出口に、水はね防止や水流の調整などのために取り付けられている泡沫キャップという部品もあります。蛇口本体のそうした部位にゴミやサビなどがつまってしまうことがあるのです。

泡沫キャップは蛇口の先端にあるため、食べ物屑や油汚れなどが飛んで付着することや、水垢などが固まってこびりついているという場合もあります。ストレーナーと泡沫キャップは共に取り外しのできる部品ですので、取り外して歯ブラシなどで汚れを除去すればつまりは解消されるでしょう。

ただし、システムキッチンによく採用されているシングルレバー水栓タイプの蛇口は、ストレーナーの取り外しができないものが多いので注意しましょう。その他のバルブやパッキンなどの部品が劣化してつまりを起こしている場合、自力での蛇口内部の点検や交換・修理は難しいので、専門の業者に依頼して適切な処置を受けることをおすすめします。

つまったときはしまね水道職人まで

しまね水道職人は、松江市をはじめ出雲市、浜田市、益田市、江津市、仁多郡など島根県全域で水回りのトラブルに対応しております。台所のつまりに限らず洗面所やトイレ、お風呂場などのつまりや水漏れ、そのほかにも水回りに関してお困りごとがございましたらどんなことでも、しまね水道職人までお気軽にご相談ください。

しまね水道職人(島根水道職人) 0120-492-315

しまね水道職人(島根水道職人) 0120-492-315