電話して相談する

水のコラム

台所やキッチンの排水口下が詰まる原因と解消法!自分で修理するときの注意点

2021年06月26日  キッチンのトラブル

台所やキッチンの排水口から下の部分は、毎日の生活による油汚れなどが貯まりやすく、詰まりやすい部分です。
とはいえ、詰まりやすい原因を知ることで、ちょっとした詰まりなら自分で直すこともできます。

主な詰まりの原因と、気づいたらすぐできる詰まりの直し方を紹介してきます。

台所やキッチンの排水口下の詰まりの原因

台所やキッチンの詰まりの主な原因を紹介します。

・調理や食材から出る油汚れ
毎日自炊している場合は特に気を付けたいのが油汚れです。
調理する過程や食材から出る脂も含めて、排水口から流してしまうと排水管内で冷えて固まって詰まりの原因になります。
 
 
・生ごみや食べ物屑
生ごみや食べ物屑は、サイズによっては固形物のように排水管内にひっかかってしまいます。

また、ゴミ受けやゴミ受けネットを使っていてもすり抜けるほど細かいものもあり、油汚れなどと一緒になって固まると、排水口が詰まる原因になります。
 
 
・洗剤カス
最近の食器洗い用洗剤は泡立ちと泡切れが良いものばかりですが、排水管の中には流しきれなかった洗剤が残ることがあります。
これらは白っぽい粘度を帯びた状態の洗剤カスになって、排水口の詰まりの原因になります。

詰まりを解消する方法5つ

台所やキッチンの詰まりは、軽度のものなら自分で直すことができます。
ここからは、誰でもできる詰まり解消法を5つ紹介していきます。

・市販のパイプクリーナーを使う方法
市販のパイプクリーナーを用意して、ゴミ受けや排水トラップを外した状態にした排水管の入り口から適量を流し込んでください。
パイプクリーナーは髪の毛や油汚れなどを溶かすほど強力で、臭いも解消してくれます。

使用方法に沿った時間を放置したのち、水で十分にすすげば完了です。
週に1回など定期的に使うことで、大抵の詰まりを解消し予防することができます。
 
 
・カビキラーを使う方法
カビキラーは「カビ取りに使うもの」というイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、塩素系の洗剤のため、油汚れを落とすことも得意です。
パイプクリーナーを切らしているときにも、代用品として使えます。

ただし、他の洗剤と絶対に混ぜないことを守り、使用する際は必ず換気をしてください。
 
 
・ラバーカップを使う方法
ラバーカップは詰まりの原因が柔らかいものの場合に有効な道具で、台所やキッチンの詰まりにも使うことができます。

ゴミ受けと排水トラップを外した状態にラバーカップのゴムの方をゆっくり押し当てて、シンクの中に水を貯めます。
ゴムが被るくらいまで貯めたら、グッと力を込めて引き抜いて使います。
何度か試して詰まりが解消すれば完了です。
 
 
・排水トラップの内部を手洗浄
排水トラップの内部は、大人の手が入るくらいの大きさがあり、使い古しの歯ブラシなどを使ってこすり洗いするのも、詰まりを予防することに繋がります。
手洗浄に抵抗がある方は、ゴム手袋をするなど工夫してみてください。
 
 
・重曹とお酢を使った洗浄
重曹にクエン酸を加えると、化学反応を起こして汚れを落とすことができます。
重曹と酢を2:1になるよう用意して、排水トラップの内部と排水管の中に振りまきましょう。

泡が出るのでそのまま1時間ほど放置して、水で良く洗い流せばOKです。
洗剤を使わないので洗浄力は市販の洗剤に敵いませんが、日常的な詰まりの予防にはぴったりです。

自分で台所やキッチンの排水口下の詰まりを直すときの注意点

自分で詰まりを直すとき、どんなことに注意したら良いでしょうか。
ここからは、自力でメンテナンスする際の注意点を紹介します。

・臭いや悪臭が付くこと
排水口や排水トラップの中に手を入れての掃除は、どうしても臭いが手に付きやすいです。
衣類にも臭いが付くことがあるので、汚れたら捨てても構わない服装で掃除しましょう。
また、ビニール手袋やゴム手袋を使うのもおすすめです。
 
 
・シンクや配管へのダメージ
それぞれの解消法は、高い洗浄力の洗剤や力を使う道具を使用するので、何度も頻繁に使えばシンクや排水管がダメージを受けて、劣化を促すことになるでしょう。

そのため、できるだけ洗剤や道具を使わなくても済む段階で掃除を行い、清潔に保つことも必要です。
 
 
・がんばりすぎによる水漏れなどの被害
排水トラップの内部の掃除などゴシゴシこすり洗いをするときは、がんばりすぎてそれぞれの部品のつなぎ目にダメージを与えることがあります。
つなぎ目にはゴム製のパッキンが使われることが多いため、劣化を早めて水漏れさせる恐れもあるでしょう。

台所やキッチンの排水口下はどう直すかより詰まらせないことが重要

台所やキッチンの排水口から下の部分は、詰まりを直すことに重点を置くのではなく、詰まらせないことに重きを置くことが大切です。

日ごろから油を流さない、生ごみは早めに処理する、洗剤はたらいで1杯程度余分に水を流すなど、詰まりの原因をつくらない努力も必要です。

詰まりが気になるなら水回りのトラブル解消専門業者に相談を

しまね水道職人は、浜田市、出雲市、松江市、雲南市、大田市、江津市など島根県で水回りのトラブルトータルサポートをしている専門業者です。
キッチンの詰まりをはじめ、風呂場やトイレなど水回りのトラブルをいち早く解決するため尽力しています。

しまね水道職人(島根水道職人) 0120-492-315

しまね水道職人(島根水道職人) 0120-492-315