水のコラム

真空式パイプクリーナーは便利なアイテム?トイレの排水管詰まりを直す方法を紹介

2021年06月05日  トイレのメンテナンス

真空式パイプクリーナーは便利アイテム

真空式パイプクリーナーはトイレ排水管の詰まりを直すラバーカップの上位互換アイテムです。今回はそんな真空式パイプクリーナーの正しい使い方や類似商品との違いなどを細かくお伝えします。一部の例外を除いて、真空式パイプクリーナーは水回りの掃除において大いに役立つことでしょう。目先だけではなく長い目で見た時に長期的に活躍できるアイテムなので、以下その魅力をご覧ください。

真空式パイプクリーナーの正しい使い方

・衛生対策をしっかりする
真空式パイプクリーナーを使用する際に汚れや水が飛び散ってしまう可能性があるので、衛生対策はしっかりしてください。対策として行うべきはトイレ回りの壁や床、便器の養生があり、まずはきれいに場所を使うよう心がけましょう。

特にマスクキングテープやブルーシートなどは養生アイテムとして便利ですのでぜひ使ってください。また、鼻をつんざく臭いが発生する可能性もありますので、マスクはしっかり着用しましょう。服装に関しても手袋と頭巾をつけ、汚れてもいい作業着やエプロンを身に付けることが大切です。

・便器に真空パイプクリーナーを設置する
まず便器の凹んでいるところに真空パイプクリーナーをしっかり設置してください。この際に注意しなければならないのはレバーを完全に下まで押した状態で設置することです。そしてそのままレバーを引けば、便器の中にあるものが圧力によって出されます。万が一これで詰まりが改善されないようなら、何度か押し引きしてみることで改善されるでしょう。

・詰まりの原因を取り出して捨てる
とにかく大事なものは詰まりの原因となるものを取り出すことです。詰まっていたものがトイレットペーパーなど通常はそのまま流せるでしょう。しかしそれ以外のものである場合そのまま流してしまうと、元の木阿弥となってしまいます。素手ではなくゴム手袋を着用し取り出して、きちんと改善されたことを確認してから廃棄してください。

・詰まりが解消されたかどうかをきちんと確認する
詰まりの原因を取り出したら、大便用の水を流して詰まりが本当に解消されたかを確認してください。意外とこの確認作業を怠る人が多いのですが、ここをきちんと解消しないと二の舞を演じることになります。少量の水を流して特に問題なく使えるようになったら、詰まりが解消された見て間違いありません。そのため大量の水を流してしまう大便用のレバーは使わないほう無難です。

詰まりを解決する時に気をつけるべきこと

・固形物が原因で詰まっている時は慎重に
子どもがおもちゃを落としてしまったり、小さいアクセサリーなどの固形物を落としたりした時は注意が必要です。トイレットペーパーであれば問題ありませんが、それ以外のものを流す場合は一旦慎重に取り除いてください。固形物を押し出してしまった場合、さらなる水道トラブルが起きてしまい悪化させてしまいます。そのような事態になると業者をよんで修理費がかさんでしまうので、余計なことはしないのが吉です。

・他の洗剤なども併用しよう
真空パイプクリーナーで解決できない場合は強力洗剤を用いて解決するという方法もあります。特にピーピースルーなどは薬品ですが、強烈な効果を見込めるのでおすすめです。逆に言えば、洗剤で解決できれば真空パイプクリーナーを無理して使う必要がありません。ほとんどの場合は洗剤で解決できるので、普段から洗剤を用意しておくといいのではないでしょうか。

・普段から詰まらないように使う
そしてこれが最も大切なことですが、とにかく普段からトイレが詰まらないようにしてください。トイレが詰まってしまう場合、経年劣化を除けば大体は使用者の自己責任でどうにかなります。ということは、普段からトイレが詰まらないようにしておけば問題はありません。逆に詰まるような原因を作ってしまう自分に問題があるという風に捉えておきましょう。普段から詰まらないよう安全に使っておけば何も困らなくて済むのです。

・解決できない場合は業者に依頼する
真空パイプクリーナーでも解決できない場合は思い切って業者に依頼しましょう。一戸建ての場合は自分で負担しなければなりませんが、賃貸マンションはその限りではありません。原因が自分にない場合は家主が負担してくれますので、無理にDIYで解決しようとしないでください。ただし、水道局指定の業者である必要がありますので、きちんと調べてから依頼しましょう。

トイレの詰まりに関するご相談はしまね水道職人へ!

トイレの便器詰まりでお困りの際には、しまね水道職人までお電話ください。しまね水道職人は松江市、浜田市、出雲市、奥出雲町など島根県のさまざまなエリアで、水回りのトラブルに対応している業者です。

トイレの便器詰まり以外にも老朽化した洗面所やキッチン、風呂場の修理・交換作業や水漏れ対策などもお任せください。しまね水道職人のプロスタッフがお客様ところへ駆け付けて、水回りのトラブルを解決いたします。

しまね水道職人(島根水道職人) 0120-492-315

しまね水道職人(島根水道職人) 0120-492-315