電話して相談する

水のコラム

トイレにおける感染ルートを把握しておきましょう

2021年05月05日  トイレのトラブル

糞口感染を防ぐために大切なこと

公衆トイレを使用したことで、糞口感染する事例が数多くあります。糞口感染は決して他人事ではなく、自宅でも発生する可能性があるのです。新型コロナウイルスに感染しないためには、トイレの清掃がカギです。

新型コロナに詳しい医師は、トイレは最も消毒が必要だと説明しています。ドアノブや便器にCOVID-19が存在するのはイメージしやすいですが、床や壁についていることもあります。ほかに、共用タオルやスリッパなども要注意です。トイレという一室がまるごとウイルスに汚染されている可能性があるわけです。そのため、週に1回は掃除が必要なうえ、掃除をしない日はアルコールで消毒しておく必要があります。

感染者がいる場合のトイレ使用について

もし自宅にCOVID-19感染者がいるならば、なるべくトイレは別々に使いましょう。トイレがひとつしかない場合は、アルコール消毒と換気を徹底してください。トイレは完全に密閉されているわけではありませんが、空気の流れが悪いのは間違いありません。

だからこそ、1日に数回は換気をして、外の空気を入れておく必要があります。窓が数か所にあるならば、なるべくすべて開けるようにしてください。それにより、トイレ内の空気を追い出し、新しい空気を取り込むことができます。

なお、換気をしながらトイレを使用したり、掃除をしたりするのは得策ではありません。ウイルスがトイレ全体に舞ってしまうため、人のいないときに換気するようにしましょう。

・トイレ使用時における手洗いのタイミングは
通常はトイレ使用後に手洗いをするはずですが、新型コロナ感染を防ぐためにはトイレ使用前にも水道水で洗っておきましょう。トイレのドアノブは共用部分であり、手にウイルスが付着した状態で触れるとウイルスがついてしまいます。ウイルスと接触するタイミングは、トイレから出たときだけではありません。浴室のドアノブや部屋のスイッチ、洗面所の蛇口などにもウイルスが付着している可能性があります。だからこそ、トイレを使用する前にも、手洗いをしておくのが正解です。

手を洗うときに石鹸を使用すれば、非常に高い感染予防効果を期待できます。石鹸の使用時に注意したいのは、固形石鹸のケースや液体石鹸のボトルなどにウイルスが付着している可能性があることです。そのため、こうした部分もたまに消毒しておくといいでしょう。タオルに関しては、使い捨てタイプが好ましく、布タオルを共用するのは好ましくありません。

正しいアルコール消毒のやり方は

トイレのフタやウォシュレットのスイッチ、排水レバーなどは消毒をしたいです。アルコールは殺菌作用があり、ウイルスを死滅させられます。アルコール消毒によく使われるのはスプレータイプで、適量の調整をしやすいのがメリットです。

一方で、間違った使い方をして、ウイルスを拡散している人がいます。たとえば、スプレー時の風圧により、ウイルスが広がってしまう可能性があるのです。サッとひと吹きで消毒できるのは便利ですが、感染予防の点から言えば、ペーパーにスプレーを吹きかけ、そのペーパーで拭くのが正しい方法です。

・排泄物の中でも注意するべき下痢
汚水には排泄物が含まれているので、絶対に手で触れないようにしましょう。トイレ掃除をするときは、ゴム手袋を使えば直接接触を防げます。また、粘膜に汚水が飛散するリスクを避けるために、マスク着用も並行したいです。もし、掃除中に大量のウイルスを吸い込んでしまえば、体内に入れることになります。狭い空間に長時間いる状況は、感染リスクを高めると考えてください。

下痢は水だけで完全に洗い流せないことがあります。便器の中でも水が届きにくい部分は、排泄物が固まることがあるため、洗剤をつけて擦らないと落とせなくなります。トイレ掃除では表面活性剤が役立ちます。洗剤をつけてトイレブラシで洗ってください。洗ったあとはブラシを洗浄し、乾燥させておくことが大切です。

うがいは口内のウイルスを流すために効果的

新型コロナウイルスは粘膜に居座る傾向があるので、口内の洗浄をこまめに行ってください。排泄物由来のウイルスがついた手で口を触れると、口内粘膜にウイルスが付着します。ウイルスを落とすには、口内をすすいだり、うがいをしたりする方法が役立ちます。

洗口液やうがい液を使用するのもおすすめで、体内へのウイルス侵入を抑えられるでしょう。ウイルスと接触しない、さらに体内に入れないことを徹底してください。新型コロナウイルスから自分を守れるのは自分しかいません。

しまね水道職人では新型コロナウイルス対策を入念に行ってから作業をしています。作業エリアは松江市、出雲市、浜田市、益田市などの島根県内です。水道局指定工事店の技術を活かした水漏れ・つまり修理は定評があります。

トイレのトラブル、浴室やキッチン・台所のお悩みは弊店におまかせください。数多くの実績を駆使し、症状に合わせた最適な方法で修理いたします。

しまね水道職人(島根水道職人) 0120-492-315

しまね水道職人(島根水道職人) 0120-492-315