電話して相談する

水のコラム

キッチンの床が水浸しに! 水量の多い水漏れの原因と対処法

2021年03月29日  キッチンの水漏れ

キッチンの水漏れ
朝起きたときや1日仕事をして帰った後など、長い時間キッチンを空けている間に床が水浸しになっていた…という経験がある方もいらっしゃるかもしれません。
床が水浸しになるほどの水漏れとなると被害も大きいですから、できるだけ早く対処したいですよね。

キッチンで水漏れが起きる原因はいろいろありますが、今回はその中でも漏れ出す水の量が多くなりやすいものをピックアップしてご紹介していきたいと思います。

キッチンの水漏れの主な原因とは?

キッチンの水漏れにはさまざまなタイプがあります。
原因や水が漏れ出す箇所もひとつではなく、普段から目にしている水栓周辺から水漏れすることもあれば、シンク下など普段はあまり目に留めることのないところから水が漏れ出ることもあります。
キッチンの水漏れの中でも、特によく起こるものについてまとめました。

・部品やパーツなどの経年劣化による水漏れ
水まわりの設備は、長年使い続けることにより、だんだんと経年劣化していくものです。
その中でも水漏れトラブルにつながりやすいのは、ゴムパッキンなど内部の部品が経年劣化したことによるもの。
その他、経年劣化により排水ホースに亀裂が入るなどの損傷が原因で水が漏れ出すこともあります。

・接続部分のズレや異物による損傷などによる水漏れ
キッチンのシンク下では、排水管やホースなどいろいろなパーツが接続されています。
その接続部分がなんらかの原因でズレてしまうと隙間ができ、そこから水が漏れてしまうことがあります。
また、異物が流れてきたことにより、排水管が内側から損傷してしまうことも。
シンク下の収納にものを多くしまっているとスペースに余裕がなくなり、出し入れする際に排水管などにぶつかって接続部分がズレたり、外側からひびや亀裂が入ったりといったトラブルが起きることもあります。

・排水口の詰まりによる水漏れ
キッチンの流しには、料理の際に出た脂や洗い物で使った洗剤の泡など、水以外にもさまざまなものが流れていきます。
問題なく流れているように見えても、冷えて固まった脂や洗剤類のカス、そしてちょっとした食べ残しや生ゴミなどの細々とした異物が長年蓄積されることで排水口が詰まり、水漏れを起こすことがあります。
水が流れなくなり逆流するだけでなく、ひどいときには大きな負担をかけられた排水管が破裂してしまうことも。
特に集合住宅では、他の部屋にまで被害が及ぶこともあるため注意が必要です。

キッチンの水漏れの中でも水量が多くなりやすいケース

キッチンの床が水浸しになるほどの水漏れとなると、大量の水が漏れ出ていることになり、それだけ被害が大きくなることが考えられます。
いくつか考えられる水漏れ箇所のうち、水量が多くなりやすいのはシンク下からの水漏れです。
シンク下は普段あまりチェックすることがないので、水漏れに気がつきにくいのも被害が大きくなる要因のひとつです。
気づいたらキッチンの床が水浸しになっていた…というようなケースでは、シンク下の給水管などに不具合があり、水漏れしていることが多いです。

キッチンの床が水浸しになっていたときに取るべき応急処置とは?

キッチンの床が水浸しになっていることに気がついたら、その光景にびっくりして気が動転してしまうかもしれません。
ですが慌てているだけでは、事態はよくなりません。
水漏れの被害を最低限に抑えるためには、できるだけ落ち着いて手早く応急処置を済ませましょう。

ここからは、自宅でもできるキッチンの水漏れの応急処置をご紹介します。

・止水栓を締める
どこから水漏れしているにせよ、まずは止水栓を止めることが大切です。
たとえば蛇口から水が止まらなくなったり、シンク下の給水管から絶え間なく水が漏れていたり…そんなときも、止水栓を締めればとりあえずは水を止めることができます。
もちろんその間キッチンの水まわりは使えなくなってしまいますが、それでも水漏れ被害を防ぐためには必要なことです。

・元栓を締める
止水栓が見つけられない場合、家全体の水道の大本である元栓を締めることで、水漏れを止められます。
家中の水道が使えなくなってしまいますので、元栓を締めた後キッチンの止水栓を探して締め、元栓は再び開けておくのをおすすめします。

・新聞紙やタオルなどを濡れた床に敷く
水漏れを止めることができても、一度床などにこぼれた水は、そのままではなくなりません。
床やシンク下の収納スペースに置かれている物品への被害を少しでも抑えるため、新聞紙やタオルなどを敷いて水を吸い込み、漏れた水を処理しておきましょう。

応急処置とともに水道修理業者へ速やかな連絡を!

キッチンの床が水浸しになるほどの水漏れとなると、原因が何にせよ自力での対処は難しいと感じる方が多いかもしれません。
そんなときにはあまり無理はせず、できるだけ早く水道修理業者へ連絡することをおすすめします。

しまね水道職人では、松江市や浜田市、出雲市や益田市、大田市など島根県で水まわりのトラブルに関するご相談を受け付けています。
キッチンの床が濡れている、水浸しになっていると気がついたときには、ぜひお気軽にしまね水道職人までご連絡ください。

しまね水道職人(島根水道職人) 0120-492-315

しまね水道職人(島根水道職人) 0120-492-315