電話して相談する

水のコラム

トイレの詰まり、早めに直して不安を解消!

2021年01月23日  トイレのトラブル

水のトラブルは、どこで起きても毎日の生活に支障をきたしてしまいます。
中でもトイレの詰まりは、直ぐに修理しないとトイレが使えなくて冷や汗もの…といった事態を招きかねません。
今回は、自分でできるトイレの詰まり解消法と、詰まりの原因についてお伝えしたいと思います。

トイレの詰まりの原因

まずは、トイレの詰まりの原因にはどんなものがあるか確認しておきましょう。

(1)大量のトイレットペーパー
トイレットペーパーは、ティッシュペーパーなどに比べれば、水に溶けやすいように作られてはいます。
けれども、一度に大量のトイレットペーパーを流してしまうと、水にうまく溶けないケースもあります。

(2)ティッシュペーパー
トイレットペーパーがOKならティッシュペーパーでも大丈夫だと思ってしまうかもしれませんが、ティッシュペーパーは水などに濡れても溶けにくいように作られています。
最近は、トイレに流せるティッシュペーパーというのもありますが、一般的なティッシュペーパーは鼻をかんだりすることなどを目的として作られていますので、水分を含んですぐに溶けてしまうことはありません。

(3)便器内への落とし物
便器内に何か物を落としてしまったことで、トイレが詰まってしまうこともあります。
ポケットにスマホなどを入れておいてトイレに落としてしまうというケースもあるようですが、さすがにスマホなどであれば、落としたときにすぐに気がつく方が多く、その場で対応される方がほとんどでしょう。
ボールペンのキャップや取れかけていたボタンなどは、どこで落としたかすら気がつかないため、そのままになってトイレの詰まりの原因となることがあります。

(4)水量不足
詰まりが起こる原因として水量が不足している場合もあります。
この場合、タンクの修理や交換が必要になります。

ラバーカップで修理する方法

トイレの詰まりを自分で修理する道具には、ラバーカップ以外にもワイヤーブラシなどがありますが、今回は、ご自分で詰まりを解消するのにとても便利な道具であるラバーカップの使い方をお伝えしましょう。

ラバーカップは別名スッポンとも呼ばれていて、たまっている水を吸引することで詰まりの原因を解消する仕組みになっています。
詰まりが発生している水たまりの部分に、ラバーカップをピッタリと合わせて押して戻すという作業を何回か繰り返せばOKです。

ただし、ラバーカップは作業中に水が辺りに飛び散ってしまいやすいという欠点があります。
そのため、使う前に水の飛散対策として床に新聞紙などを敷き詰めたり、自分に水が飛び散っても問題がないように100均のレインコートやゴム手袋などを身に着けたりすることをおすすめします。

また、水を流して詰まりが直ったかどうか確認するために、水をためておくバケツを用意しておくと便利です。
トイレのタンクから水を流してしまうと、詰まりの解消を確認しながら水を流すことができませんが、バケツに水を用意しておけば、様子を見ながら水を流すことができます。

ラバーカップがない場合ラップで代用

ご家庭にラバーカップがないケースもあるでしょう。
その場合は、ご家庭にある食べ物を包んだりするときに使うラップで代用することができます。便器の便座部分をラップですっぽりと覆って下さい。コツは、隙間ができないようにピッタリと覆うことです。このとき、ラップが破けてしまわないように、ラップを何重にも密着して重ねるようにすると良いでしょう。

次にトイレの水を流します。
ラップが少しずつ膨らんできますので、その膨らみを押し返すようにして下さい。
手をラップから離せばラップはまた膨らんできますので、この動作を何度か繰り返してください。そうすることで、吸引効果が生まれて逆流します。
ラップを使った方法は便器自体を覆って行ないますので、水が飛散しにくい点は大きなメリットと言えるでしょう。

洗剤を使って詰まり解消

ラバーカップや食品用のラップがない場合や、水の飛散が気になるという方には、ハイターなどのアルカリ性洗剤を使って詰まりを解消する方法がおすすめです。

アルカリ性洗剤は塩素系の洗剤と一緒に使ってしまうと、ガスが発生してしまう危険がありますので、単独で使うようにしましょう。
トイレの便器の水たまり部分の水位が高い場合は、洗剤の濃度が薄くなってしまいますので、少し水を抜いて水位を低くしておいてください。

タンクの修理・交換は専門業者に任せて安心

水量不足で詰まりが発生している場合は、タンクの修理や交換が必要になります。
DIYが得意な方であれば、自力で修理したいと考える方もいるかもしれません。止水栓を止めて行なえば、交換作業は比較的簡単に行なうことは可能です。

費用をかなり安く抑えられるというメリットがある反面、重いタンクの取り外しや取り付けは、かなりハードです。また、取り付けが不十分ですと水漏れ等が起こってしまうケースもありますので、腕に自信のある方以外は、プロの業者に依頼されることをおすすめします。

しまね水道職人は、松江市、出雲市、浜田市など島根県全域で水回りのトラブルに24時間受付対応を行なっている水道局指定店のプロ集団です。トイレの詰まりやキッチン、バスルームなど水回りのトラブルに迅速に対応する業者をお探しの方は、お気軽にしまね水道職人にお問合せ下さい。

しまね水道職人(島根水道職人) 0120-492-315

しまね水道職人(島根水道職人) 0120-492-315