水のコラム

洗面台の水漏れは自分でも簡単に直せるはず!?

2021年09月13日  洗面所の直し方

洗面台から水漏れしているのに気が付いてしまっても、軽度の水漏れであれば、ご自分でも修理が可能です。今回は、どうして洗面台の水漏れが起こるのか、そして自力で修理する方法をご紹介します。工具さえ用意しておけば、もう洗面台の水漏れも怖くありません。

洗面台の水漏れの2大原因とは!?

洗面台の水漏れは、たいていの場合、蛇口部分か排水パイプのいずれかから起きています。蛇口や水栓からの水漏れは、パッキンやバルブカートリッジなどの内部にある部品の劣化や故障が原因です。

これらのパーツを修理して交換すれば、水漏れがストップすると考えられます。慣れている方にとっては、これらの部品の交換はそれほど難しいものでもありません。初めて交換するのであれば、すべての工程を確認して、必要なものをすべて用意してから始めましょう。

また、最近の洗面台は従来の蛇口の他にハンドシャワーがついているタイプが増えています。ホースを伸ばして髪を洗ったりできる便利な設備ですが、シャワーホースの寿命は10年くらいと言われています。シャワーホースやシャワーヘッドも、ご自分で交換できるのでぜひ挑戦してみてください。

排水パイプは、洗面台の下にあります。洗面台の下にある扉を開けると、流し台の底から床に伸びているパイプが見えるはずですが、これが排水パイプです。排水パイプがそのまま床下につながっているのは、棚の底の部分にある排水プレートを外せば確認できます。排水パイプの水漏れは、パイプ自体からの水漏れとつなぎ目の水漏れに分かれます。一旦水滴を拭き取ってから、どちらから水が漏れているのか、チェックしてみましょう。

なお、どの部分を修理するのであっても、必ず事前に止水栓を閉めておかなくてはなりません。止水栓を閉めずに作業すると、大量の水が溢れ出すおそれがあるからです。洗面台であれば、シンクの下の物入れに止水栓が設置されていることがほとんどですが、分からなければ水道の元栓を閉めてもよいでしょう。

水栓のタイプ別水漏れ修理のやり方とは!?

ハンドルタイプ(ひねって水を出すタイプ)の水栓から水漏れしているのであれば、パッキンの劣化が原因です。止水栓を閉めたら、マイナスドライバーでハンドルキャップを外しましょう。ハンドルキャップは、蛇口の上についている青や赤のボタンのような部品です。そのあと、ハンドルとナットを外してパッキンを交換します。

新しいパッキンはホームセンターなどで買えますが、とにかく種類が豊富です。ご自宅の蛇口のパッキンがどのタイプなのか、きちんと確認してから買いましょう。サイズやタイプが異なっている場合、お使いになれません。実物を持っていって、店員さんに相談してから買うようにすると、間違いを防げます。

レバータイプ(上下左右に動かして水を出すタイプ)の水漏れは、バルブカートリッジの故障や劣化が原因です。まず、ハンドルを固定しているビスを外して、ハンドルも取り外します。カバーも外すとバルブカートリッジが見えるので、取り出して交換しましょう。いずれの場合も、すべてのパーツを元に戻し終えたら、本当に水漏れが解消されたか、水を流して確かめます。

ハンドシャワーから水漏れしているのであれば、シャワーヘッドやホースを交換しなくてはなりません。まず、本体の下の銅管パイプからカブラー(接続部分)を外し、そのあとカプラーからシャワーホースを外してください。交換作業が終わったら元通りに戻します。シャワーヘッドやホースが型落ちしてしまい、もうすでに製造されていないおそれもあるでしょう。もし、どこにも在庫がなければ、洗面台自体を交換しなければならない可能性も出てくるのを忘れないでください。

排水パイプからの水漏れはどうやって対応するの?

この場合も、やはり排水パイプの交換が必要になります。止水栓を閉めてから、作業にあたりましょう。

排水パイプは、さらにいくつかのパーツに分かれますが、それぞれナットでつながれています。まず、S字トラップを外してみましょう。下にバケツを置いておくと、Sトラップの中に残っていた水が溢れてきても安心です。次に床につながっている排水ホース(蛇腹状になっているもの)を外しますが、排水プレートを外してから少し引っ張るだけで簡単に外れます。

取り付けるときは、防臭ゴムの取り付けも忘れずにやりましょう。防臭ゴムがないと、下水内部の悪臭が洗面台に登ってきて、大変なことになります。パーツの交換をしたら、元通りに直して交換差作業は終了です。

用意しておくべき工具などを紹介します

もし自分で水漏れの対応を行う場合、必要になるものはモンキーレンチ、ドライバー、タオル、ゴム手袋です。モンキーレンチがある場合は、ぜひお買い求めいただき、万全の体制を整えましょう。モンキーレンチなんてそもそもないという方もいらっしゃるようです。千円程度出せば、かなりよいものが手に入るので、これを機会に購入されてはいかがでしょうか。

水回りのトラブルでお困りの際はしまね水道職人にご連絡ください

しまね水道職人は、松江市を中心とした出雲市、浜田市、益田市、江津市などの島根県で、日夜お客さまの水トラブルを解決しています。水漏れ、詰まり、悪臭など何かお困りのことがあれば、些細なことでもぜひご相談ください。365日対応24時間受け付けで、お客さまからのお電話をお待ちしております。

しまね水道職人(島根水道職人) 0120-492-315

しまね水道職人(島根水道職人) 0120-492-315