水のコラム

トイレの便器から水漏れ!自分で修理できる?

2021年05月10日  トイレのトラブル

わたしたち人間の生活に欠かせない存在であるトイレ。
そんなトイレから突然水があふれてきたら、誰しもが慌ててしまいます。

しかし、便器からの水漏れは意外にも珍しいことではありません。
もし便器から水が漏れてしまった際は、慌てず冷静に原因を突き止めましょう。
特に汚水が漏れ出ている場合は、床の汚染など二次被害を防ぐため、不要になったタオルなどを敷いて応急処置をしておきましょう。

便器が結露していませんか?

真冬に窓ガラスが結露した経験はありませんか。
実は、便器にも同じことが起こり得ます。
また、冬場でなくても、湿度の変化によって便器に結露が発生することがあります。
水漏れではなく結露であった場合、対策を行うことで水滴がつくのを防止できます。

窓を開けたり、換気扇を回したりしてこまめな換気を行うよう心がけましょう。
急激な温度・湿度の変化によって結露がひどくなるケースがあるため、おうちの温度や湿度をできるだけ一定に保つことがポイントです。
それでも改善しない場合は、結露防止用のスプレーなど結露対策グッズを使用してみましょう。
結露対策グッズは、ホームセンターや通信販売で購入可能ですので、チェックしてみてください。

便器にヒビが入っていませんか?

ほとんどの便器は陶器でできているため、経年劣化で破損することはまずありません。
しかし頑丈ではありますが、強い衝撃によって破損することがあります。
重いものを落としたり、硬いものをぶつけたりしていませんか。
もし、衝撃によってヒビ割れが起きてしまった場合、便器と床の間から水漏れが発生するかもしれません。

便器のヒビ割れは、自分で修理することは困難です。
そのため、ヒビ割れが発生した際はできるだけ早く業者に連絡しましょう。
ホームセンターなどで売られている防水パテでヒビを埋める方法もありますが、あくまでも応急処置として考えてください。

フロートバルブの点検をしましょう

タンク内の水が正常で、レバーハンドルにも問題がないにもかかわらず、水漏れが止まらない場合はフロートバルブを調べましょう。
作業に入る前に、必ず止水栓を閉めておくことを忘れないでください。
止水栓が閉まっていることを確認したら、タンクのふたを開けましょう。
タンクのふたは非常に重いため、落としてケガをしないよう注意してください。

1.フロートバルブが外れていませんか?
タンクのふたを開けたら、フロートバルブが外れていないか確認します。
もし、フロートバルブが外れていたら、突起部に正しくはめましょう。
これで水漏れが解消された場合、部品の交換は不要です。
タンクの水位を確認し、レバーハンドルを操作して洗浄を確認したら、タンクのふたを閉めてもとに戻しましょう。
 
 
2.フロートバルブが摩耗していませんか?
フロートバルブが外れていなかった場合、フロートバルブの鎖とフロートバルブ本体をチェックし、摩耗しているかどうか確かめましょう。
摩耗していた場合は、交換が必要です。
一般的なフロートバルブであれば、自分で交換することが可能です。

まず、鎖とフロートバルブを外します。
外れたら、新しいものと交換しましょう。
鎖とフロートバルブを元通り取り付けたら、止水栓を調節します。
タンクの水位を確認し、レバーハンドルを操作して洗浄を確認しましょう。
その後、タンクのふたを閉めます。

便器の設置不良ではありませんか?

便器と床の隙間から汚水が漏れ出ている場合、便器の設置不良が原因かもしれません。
あまり多くはありませんが、リフォームしたばかりのトイレなどでは稀に起こります。

漏れている水が汚水かどうか確かめるには、床にタオルを敷いておき、時間を置く方法が適しています。
もし汚水が漏れていることが分かったら、できるだけ早く業者やメーカーに連絡しましょう。

黒い水が漏れていませんか?

便器と床の隙間から黒い水が漏れ出ている場合、排水部分のパッキンが劣化している可能性があります。
設置してから長期間が経過したトイレなどで稀に見られる現象で、サビや汚れが混じることによって水が黒くなります。
この場合、自力で修理することは困難です。
黒い水が漏れている際はできるだけ早く業者に連絡しましょう。

トイレの便器から水が漏れたらプロに相談しましょう

結露などが原因でない場合、トイレの水漏れを放置したまま使用していると、床の汚染や悪臭などを引き起こしてしまう可能性があります。
便器の破損など、多くの場合は自力での修理が困難か、非常に時間が掛かってしまいます。

さらに、トイレは修理の難易度が非常に高く、初心者には難しいと言われています。
そのため、修理中に誤って他のパーツを破損させてしまうかもしれません。

しまね道職人は、浜田市、出雲市、松江市、益田市、大田市など島根県内広域で水道トラブルを解決しています。トイレの水漏れをはじめとした水回りのトラブルでお困りのときは、ぜひしまね水道職人までご連絡ください。

しまね水道職人(島根水道職人) 0120-492-315

しまね水道職人(島根水道職人) 0120-492-315