水のコラム

キッチンの床が濡れている?水漏れの原因と対処法

2021年02月07日  キッチンのトラブル


キッチンの床が湿っている、または濡れている場合、排水管からの水漏れが考えられます。そんな時は焦らず、まず原因を確かめ、対処しなければなりません。今回はキッチンの水漏れ箇所の調べ方と対処方をご紹介します。
 

キッチンの水漏れに気づいたら、まず何をすべき?

キッチンは家の水回りの中で、お風呂の次に使う水の量が多いところではないでしょうか?それだけに、キッチンの水漏れはお家の一大事です。たとえ漏れている水の量が少なくても、そのまま放置しておけば床が腐ってしまう、黒カビが発生するなどの被害が出てしまいます。
 
戸建て住宅ならまだしも、賃貸物件やマンションに住んでいる方にとっては、階下の人に迷惑をかけたり、管理会社に修繕費用を請求されたりと、大問題になりかねません。床が湿っぽい、あるいははっきりと濡れていることに気づいたら、即対応をしましょう。しなければならないことは、この3つです
 
①今も水が漏れている状態なのかを確認する。
②シンク下の収納からものを取り出す。
③床を拭き、水漏れ対策をしながら原因箇所を探す。

 
次から順番に説明していきます。
 

キッチンの水漏れに気づいたら、するべきこと3つ

①今も水が漏れている状態なのかを確認する。
もし、今も水が漏れている状態なら、まずすべきは水漏れを止めることです。その場合はシンク下にある止水栓を止めて、洗面所に給水が行われないようにしましょう。止水栓はハンドル型(蛇口をひねって開閉を行う)のものやマイナス型(マイナスドライバーでネジを回して開閉を行う)のものがありますが、どちらでも簡単に操作できます。
 
②シンク下の収納からものを取り出す。
排水管からの水漏れの場合、排水管のどの部分から水漏れが起こっているのか調べる必要があります。そのためには、シンク下収納に入っているものが邪魔。原因究明&修理のため、収納されているものを全部出してしまいましょう。
 
③床を拭き、水漏れ対策をしながら原因箇所を探す。
バケツ、雑巾、ゴム手袋を準備し、まず床やシンク下の収納など、濡れた部分を雑巾で拭きとりましょう。次に、バケツを用意し、シンク下全体を見わたしながら、少し水を流してみて、どの部分から水が漏れ出すのかを確認しましょう。原因箇所が特定できれば、あとは対処をするだけです。
 

キッチンの水漏れの対処方法(蛇口編)

蛇口からの水漏れの場合、原因として考えられるのは、
 
・ハンドルを固定しているナットの緩み
・パッキンの劣化

 
です。
 
ハンドルを固定しているナットが緩むと、ハンドルが外れる、ハンドルを動かしても思うように水が出ない、逆に止まらなくなるなどのトラブルが起こります。この場合は、ハンドルの上や側面、内部に付いているナット(ねじ)を締め直すことで解決できます。キッチンの蛇口は「シングルレバー混合水栓」といって、ハンドルが1つで、上下に動かすことで水の量、左右に動かすことで水とお湯の切り替えを行う水栓のものが多いのですが、寿命が10~20年と比較的短めです。
 
蛇口の中には部品の接続部分にパッキンがはめ込まれており、これが劣化して固くなると、ハンドルを回した拍子に破損して、水漏れが起こります。この場合は、水栓のメーカーや種類を調べ、同じ大きさのパッキンをネットやホームセンターで購入し、交換すれば解決できます。パッキンには種類がたくさんありますので、必ず同じサイズのものを購入して下さい。
 

キッチンの水漏れの対処方法(排水管編)

排水管からの水漏れの場合、原因箇所として主に考えられるのは、
 
①排水トラップとシンクのつなぎ目
②排水トラップと排水パイプのつなぎ目
③排水パイプ
④排水パイプと床下排水管のつなぎ目

 
この4つです。
 
①ですが、排水トラップはシンクの排水口と排水管をつなぐ、ちょうどコップのような形をしたもので、排水口にはめ込む形でセットされ、ナットにより固定されています。このつなぎ目に使われている排水口パッキンが劣化したり、ナットが緩んだりすると水漏れが起こります。排水口の水漏れとしては最も多いケースです。対処方法はナットが緩んでいればレンチなどで締め直し、パッキンの劣化であればパッキンの交換が必要です。
 
②は、排水トラップとじゃばら状の排水パイプのつなぎ目のゴムパッキンの劣化が原因であることが多いです。この場合もパッキンの交換が必要です。
 
③は、排水パイプ自体が劣化や、耐熱温度以上のお湯を流すなど、何等かの理由で破損することが原因です。この場合は破損個所をパテなどで応急処置した後、排水パイプの交換が必要です。
 
④は、排水管内のどこかで詰まりが発生し、汚水が逆流することで起こることが多いです。
この場合は、排水管の詰まりを解消する必要があります。
 
しかし、床下の排水管の詰まりを自力で解消することは難しく、業者にお願いするのが一番の方法と言えます。キッチンの水漏れに気づいたら、これ以上被害を大きくしないために、早急に原因を突き止め、それに沿った対処をすることが大切です。
 
「しまね水道職人」では、松江市、出雲市などで、突然の水漏れにも24時間365日対応しています。見積もりは無料!どうぞお気軽にご相談下さい。

しまね水道職人(島根水道職人) 0120-492-315

しまね水道職人(島根水道職人) 0120-492-315