電話して相談する

水のコラム

島根県の方必見、トイレのトラブル「困った時の対処法」

2020年12月25日  トイレのトラブル

トイレの水が流れなくなったり、突然溢れ出してしまったらどうしますか?
業者に来てもらって直してもらうというのが一般的ですが、費用のことを考えると自分で直したいという人も多いでしょう。
ここでは、自分でもできるトイレつまりの直し方をいくつか紹介していきますので、参考にしてください。

トイレ詰まりの原因

1.大量のトイレットペーパーや排泄物
トイレは下水管と直接連結されているため、そのままでは下水から臭いが上がってきたり、害虫が侵入してきたりします。
そのため、蛇行した配管部分に水を貯めることで臭いや害虫をシャットアウトしています。これが「せき」です。この「せき」は確かに臭いや害虫には効果がありますが、一歩で構造的にものが詰まりやすく、大量のトイレットペーパーや排泄物がトラブルの原因になってしまうことがあります。

2.本来流してはいけない固形物
おむつや生理用品などをトイレに流している方はいないでしょうか。
生理用品やおむつには素材に吸収性に富んだ成分が使われているため、トイレに流してしまうと排水管の中で水分を吸収して膨張し、水が流れにくくなってしまいます。
また、服を脱ぐ時にポケットに入れていたタバコやライター、ペン、スマホなどを落としてしまうというケースもよく見られます。

3.タンクから流れる水が少ない
節水のテクニックとしてタンクにペットボトルを入れている家庭も多いでしょう。そうすることで確かに節水や水道料金の節約はできるかもしれませんが、逆にトイレのトラブルが起こりやすくなってしまいます。
自分で直せずに業者にお願いすることになれば、修理費用のほうがはるかに高く付いてしまいます。

トイレが詰まった時の対処法

1.バケツやペットボトルを使って水を落とす
タンクからチョロチョロとしか水が流れない場合は、バケツやペットボトルを使って排水口にめがけて水を流していきます。一度で改善しない場合は数回繰り返してみましょう。軽度の詰まりであれば、これだけで治ることがあります。

水温がある程度高いほうがトイレットペーパーや排泄物が溶けやすくなるので、ぬるま湯を使うのもおすすめです。ただし、熱湯を使ってしまうと温度差によって便器が割れてしまう危険性があるので注意が必要です。

2.針金やワイヤーで引っ掛ける
ワイヤー式のトイレクリーナーを使って排水管のつまりを直接取り除くという方法もあります。使い方は簡単で、ワイヤーの先を排水口に押し入れていくだけです。
詰まりが発生している場所に突き当たるとそれ以上入らなくなるので、あとはワイヤーの先端を動かして押し出したり、直接異物を引っ掛けて取り出したりします。排水口から見える範囲のつまりであれば、針金ハンガーを長く伸ばして同じように詰まりを解消することができる場合もあります。

3.重曹とクエン酸
水を取り除いた便器に重曹を入れ、そこへクエン酸(お酢でも代用可能)を注いだら50℃前後のお湯を流していきます。すると、アルカリ性の重曹と酸性のクエン酸が激しく反応し、発泡効果で詰まりの原因となっているものを洗い流してくれます。1時間ほど経過したら水を流してみてください。
なお、この作業を行う前には感電などを防ぐために電源を抜いておくようにします。また、安全を確保のため換気にも十分に注意して行うようにしましょう。

4.ハイターなどのアルカリ性洗剤を使用する
家庭に重曹やクエン酸がないという場合には、家庭用の洗剤でもトラブルを解消できる可能性があります。
キッチンハイターなどのアルカリ性の洗剤をお湯に溶いて便器の中に溜め、30分から1時間ほど放置したらお湯で流しましょう。洗剤を使う場合は、危険なので複数の洗剤を混ぜて使用することはやめましょう。

5.食品ラップ
ラップなどの食品ラップを使ってトイレの詰まりを解消する方法もあります。
まず、便座を上げた状態でラップを使って便器を何重も覆っていきます。大切なことは便器をしっかりと密閉することなので、隙間がないかしっかりとチェックしておきましょう。ラップだけで密閉するのが難しい場合はテープなどを使っても構いません。
次に、この状態でトイレの水を流します。すると圧力が外に逃げることなくすべて排水口にかかるので、詰まっていたものが押し流れていきます。一度でダメな場合は、何度か試してみましょう。

6.ラバーカップ(スッポン)
これまで紹介してきた方法でも詰まりを解消することができなかったなら、定番の道具であるラバーカップ(スッポン)を使ってみましょう。便器の中に水が溜まっていているならばすべてを汲み出して、カップを排水口に密着させましょう。
その状態でカップが浸るくらいまで水を足したら、あとはカップを排水口に密着させるように押し付けて、一気に引っ張ります。普通のラバーカップで無理な場合はホームセンターなどで売られている、真空式のパイプクリーナーを使うのもおすすめです。

それでもダメなら業者にお願いしましょう!

トイレが詰まってしまった時に自力でできる対処方法を紹介してきましたが、原因によっては素人ではどうにもならないこともあります。
また、トイレ自体の故障が原因の場合は修理や交換が必要になることもあります。業者にお願いするようにしましょう。

「しまね水道職人」では松江市の他、浜田市、出雲市、益田市、大田市、安来市など島根県の全域で水のトラブルの対応いたします。
トイレやキッチン、洗面所など水回りのことでお困りのことがあれば、気軽にお電話でご連絡ください。当社のスタッフがいち早く現場に向かい、適切に対応いたします。

しまね水道職人(島根水道職人) 0120-492-315

しまね水道職人(島根水道職人) 0120-492-315