電話して相談する

水のコラム

トイレを節水したい…そんなときでもできれば避けたい方法とは

2021年06月20日  トイレのメンテナンス

毎日何度も使うトイレの節水については、多くのご家庭で頭を悩ませる問題のはず。
一度に使う水の量を減らすことができれば節水でき、水道代を減らせる!と考えて、さまざまな工夫をしている方も多いのではないでしょうか。
もちろん節水を心がけるのはいいことなのですが、一般的に「節水に効果がある」とされている方法の中には、トイレに負担をかけてしまうものなどもあります。

今回はトイレの節水方法として知られているものの中でも、できれば避けた方がいいものをご紹介します。
合わせて自宅でできるおすすめの節水方法についてもご紹介しますので、ぜひこれからの参考にしてみてください。

避けた方がいいトイレの節水方法

自宅でできるトイレの節水方法として知られているものの中には、行うことでむしろトイレを詰まらせる、故障させるなどの大きなトラブルを招くことになる方法もあります。
その中でも行っている人が多いのが、トイレタンクの中に水を入れたペットボトルやレンガなど質量のあるものを沈めておいて、トイレタンクの中の水の量を減らすというもの。

トイレタンクの中にはトイレを使用後洗浄する際に使う水があらかじめ一定量溜められています。
トイレのレバーを回すとトイレタンクの中に溜めてある水が規定の量流れ、その分減った水がまたタンクに補充されるという仕組みです。
トイレタンクから流れる水量はあらかじめ汚物を流すのに必要な分量が決まっており、それにしたがって使われます。

レバーを流すだけで決まった水量が流れるため、使用時に自力で調節することはできません。
ですがペットボトルやレンガをトイレタンクにあらかじめ沈めておくと、その分水位が上がり、必要量の水は確保できていないにもかかわらず、それ以上水が補充されなくなります。
当然一度に流れる水の量も減り、節水につながるというわけです。

この方法ではたしかに水を節約することはできるのですが、無理矢理洗浄の際に使う水の量を減らしているため汚物を流す力も弱くなり、トイレ詰まりを引き起こす原因となってしまいます。
運良く詰まらなかったとしても、汚れを洗い流す力が不十分なのでどんどん汚れが溜まり、嫌な臭いのもとにもなります。

その他、トイレタンクの排水機能の不具合や故障にもつながる可能性があります。
節水できても不具合や故障を修理するにはお金もかさみますし、トイレタンクや便器も傷んでしまいますから、こうした間違った節水方法は避けるようにしてください。

無理に水量を減らす節水法には注意

自宅でできるトイレの節水方法を調べてみると、水洗トイレ節水器ロスカットのような節水グッズを使ったり、トイレタンク内の水位調節リングを回してトイレタンク内の水位を下げたりする方法などが挙げられています。

たしかに効果的な方法ではありますが、どれも一度に使う水の量をひかえめにする手法なので、上手に使わないと先ほど紹介したように、水量が足らず詰まりや悪臭の原因となってしまいます。

今日から簡単に取り入れられる節水方法

洗浄のときに使う水量を減らすリスクを負わずに、すぐにでも始められるトイレの節水方法として真っ先に挙げられるのは「大洗浄と小洗浄を適切に使い分ける」ということです。
トイレの洗浄の際に流れる水量はきちんと決まっていますが、大洗浄と小洗浄ではおよそ2リットル流れる水の量に差があります。

本来小洗浄で済むときにも大洗浄を使っていると、1回につき約2リットル無駄に水を流していることになるわけです。
ひとり暮らしならさほど大きな無駄にはなりませんが、家族で暮らしているご家庭となると無視できない量になってきます。

たとえば4人家族であれば単純に計算して無駄遣いしている水の量が4倍に膨れ上がるため、その分水道代もかさんでしまうのです。
ついつい手癖で大洗浄を選んでしまうという方も多いかと思いますが、できるだけ大洗浄・小洗浄を適切に使い分けるよう心がけてみましょう。

二度流しをやめるのも重要な節水方法です。
音を気にして一度の使用で2回水を流す方もいますが、2倍の水を使用することになると考えると、大変な水の無駄遣いです。
水道料金だけでなくエコの観点からもあまりよくないことなので、流水音が出る家庭用の商品を購入するなどして、水を流す回数は1回にとどめておきましょう。

思いきって新しいトイレに買い替えるのも、節水のためにはとても効果的です。
近頃の節水型トイレはとても性能がよく、大洗浄でも5リットル前後の水量のものばかり。
新しいトイレの購入と取り替えのための工事にはお金がかかってしまいますが、節水量が段違いなので、トータルで見るとかなりコスパのいい方法です。

トイレの調子が悪いと感じたら、水道修理業者へ連絡を

間違ったトイレの節水方法を続けていると、それだけ便器などに負担をかけることになります。
その結果として不具合や故障などが起き、最悪の場合は便器の修理や交換が必要になってしまうことも。
もし万が一そうなってしまったら、そのときは迷わず水道修理業者へ連絡するのがおすすめです。

しまね水道職人では、松江市や浜田市、出雲市を中心に島根県の各地で水まわりのトラブルに関するご相談を受け付けています。
トイレやキッチン、洗面所、お風呂場など、自宅の水まわりのことで困ったことがあれば、ぜひ一度しまね水道職人までご相談ください。

しまね水道職人(島根水道職人) 0120-492-315

しまね水道職人(島根水道職人) 0120-492-315