電話して相談する

水のコラム

一大事!トイレの詰まりが発生したとき!

2021年03月04日  トイレのトラブル

便器詰まりは便器の表面や中の水が見た目にも汚くなりますから、非常に気分が悪くなります。衛生の観点から考えても汚水が便器からあふれるのは非常に避けたいので、便器詰まりは水道トラブルの中でも特に面倒で害の多いものと言えるでしょう。

水を流している途中に便器内の水位が上昇、便座のあたりまで水が逆流してくるのではないかとびっくりすることもあります。便器の奥のほうから普段聞き慣れない変な音がするのも、排水がしっかり流れず逆流してくるなど厄介なトラブルの前兆であると認識しましょう。できる限り経験したくない便器の詰まりは、何が原因で発生するトラブルなのか知っておきましょう。

便器の詰まりが疑われる時にはどのように対処すればよいのかも、万が一に備えて知っておくことに損はありません。便器が詰まってしまう原因や家庭で試せる対処法、逆にやってはいけないNG行動などについて簡潔にまとめました。

便器の詰まりの原因が異物の場合も

便器の詰まりはさまざまな原因で起き、タンクや水栓などの劣化で水の流れが鈍化し便を流しきれていないために詰まってしまうことが特に多いです。健康状態・体質によって便の固さはかなり違いがあり、排水管に大きくて固い宿便が詰まったために水の流れが一時的にストップするといった現象も考えられます。

トイレには多くの場合大/小と水の量を変えて流す機能がついているのですが、大便なのに「小」で水を節約しようとする方が稀にいらっしゃいます。これにより便がしっかり流れず、便器の奥で詰まりを招く一因となってしまうことも考えられるのでこのような節約術は絶対にやめましょう。毎回「小」を選ぶことで節約できる水道代は本当に極わずかで、リスクと比べると損とまで言えます。

本来は便器で詰まらないよう、水に溶けやすい作りになっているトイレットペーパーも、決して詰まることがないとは断言できません。ティッシュペーパーと紙の質がまったく違うことには、多くの方がお気づきではないでしょうか。トイレットペーパー以外の紙を流さないよう注意書きされている公衆トイレはよくありますが、その理由にも納得がいきますね。しかし溶けやすく製造されたトイレットペーパーも一度に大量の紙が流れるとなれば、塊となって水流を阻害する可能性があります。

本来トイレで流さないはずの異物を便器の中に落とし、詰まってしまうというトラブルも決して少なくありません。トイレの中で携帯・スマホを操作してしまう方が今では少なくありませんし、不意に身に付けていたアクセサリーなどが落ちてしまうといった事例も聞かれます。

ラバーカップで異物が取れない時は

便座内部、奥の方にある便や異物などを除去し便器詰まりを解消するための便利グッズが100均などでも手軽に入手可能なラバーカップです。日常的には「スッポン」などと呼ばれることも多く、学校や職場などの共用トイレでは大抵の場所で備え付けられているでしょう。家庭では常備していないところもありますが、万が一便器で厄介な詰まりが発生した時は早めにラバーカップを試し衛生状態をキープしておくことが大事です。

ラバーカップは電気などを使わない非常に原始的な構造の道具ですが、侮れない吸引力がありかなりの便や異物を引っ張り上げられます。しかしラバーカップの吸引力が届きにくい・そもそも長さ的に届かないという相当奥のほうで詰まりが発生していることも少なくありません。排水管で詰まりなどのトラブルが起きている場合、専門的な器具などを使わないと対処できないことも多いのですぐに水道修理の専門業者を呼びましょう。

水で無理に流そうとするのは良くない

便やトイレットペーパーの塊などが要因なら、そもそも水の力を使って流してしまえばラバーカップも使わず楽でいいと考える方もいらっしゃいます。しかし、安易に水を流そうとすると水が逆流し、便座や床にまで汚水があふれてきてしまうという最悪の事態につながりうるので注意が必要です。

トイレの流す機能を使わず、外部から勢いよく水を入れて流そうとするのも避けましょう。水よりもお湯の方がトイレットペーパーや便を柔らかく・流しやすくするのに適していると考えるのか、便器内にお湯を流そうとする方もいらっしゃいます。しかし便器や水道管が破損する原因となる可能性もあるので、熱湯で水道トラブルを解消しようとするのはNGです。

対処が困難な便器詰まりは早急な業者への依頼が必須

ラバーカップを利用してもダメだったトイレの詰まりや、そもそも異物が詰まっている可能性は低いのに水が流れないといったケースは素人の手に負える範囲を超えていると考えられます。水が流れないのはタンク内の水が減ってしまったなど、トイレ本体の機能が十全に果たされていないとも考えられるのですぐ修理専門業者を呼ぶようにしましょう。

トイレの詰まり・水漏れ修理は費用相場が1万円弱であり、比較的リーズナブルに対処してもらえます。大がかりで専門的な作業が求められる配管洗浄が必要と判断されない限り、あまり高額な費用がかかることは多くないので安心です。

便器の詰まり解消依頼はしまね水道職人へ

便器の詰まり・水漏れなどに限らず水道トラブル全般で頼れるのは、エリア内で確かな評価を得ている地域密着の専門業者です。島根県の松江市・出雲市・浜田市などで営業するしまね水道職人には対処の難しい便器の詰まり解消修理に強いベテランスタッフが多数在籍しています。便器の詰まりやトイレの水が急に流れなくなった・トイレから異臭がするといった水道トラブルで困った時は遠慮なくご相談ください。

しまね水道職人(島根水道職人) 0120-492-315

しまね水道職人(島根水道職人) 0120-492-315