水のコラム

寒い季節の水回りのトラブル「凍結」を防止するには

2021年01月23日  水のトラブル

寒い季節が到来して気になる水回りのトラブルに、水道管の凍結があります。
朝起きて蛇口をひねっても、お湯もお水も出ないという経験をしたことがある方は、多いのではないでしょうか?
朝の身支度がスムーズにできないと遅刻してしまうこともありますので、今回は、凍結を防止方法について探ってみましょう。

凍結が起こってしまう条件

凍結を防止するためには、まずは凍結が起こってしまう条件について理解しておきましょう。
凍結が起こるのは、外気にさらされる状態の水道管です。
水道管が地中に埋まっている場合は、凍結が起こることはまずありません。地中は外気温の影響を受けにくいという特徴がありますので、外が凍てつく寒さでも地中ではほぼ一定の温度が保たれているからです。

凍結が起こるのは外気温がマイナス4度以下のときと言われていますが、水道管がある場所が日陰だったり、寒い日に数日不在にして水道を使わなかったりすることでさらに凍結を引き起こしやすくなります。また、強い風に当たったり雪が降り続いたりすることも、凍結を引き起こす原因になります。

水道管に常に水が溜まっている状態ですと、水道管に溜まっている水が凍ってしまって、水が流れなくなってしまいます。また、水よりも氷の体積が大きいため、水道管の水が凍結してしまうと水道管の中で膨らんでしまって水道管の破裂を引き起こしてしまうことになります。

凍結を防止する方法

それでは、凍結を防止するにはどうすればよいのでしょうか。
ここからは、凍結防止方法をいくつかご紹介しましょう。

凍結の原因である水を抜くことで、水道管の凍結は起こらなくなります。
水回りの設備には止水栓や水抜きが必ずありますので、これらを使って水抜きをするようにしましょう。水抜きは電動式のものと手動で行なうものがありますが、アパートなどの集合住宅では手動タイプのハンドル式のものが多いようです。

また、水を出しっぱなしにすることも、凍結防止に有効です。
この場合、ポタポタと水滴が落ちる状態ではなく、チョロチョロと水が流れている状態の方が良いでしょう。

寒くなってくると防寒用のアウターを来ますが、防寒対策をアップするために帽子をかぶったり手袋をしたりマフラーを巻いたりしますし、ホッカイロを使って寒さをしのいでいる人もいます。水道管にも同じように対応して凍結を防止するのがおすすめです。

水道管を冷気にさらさないように保温テープを巻いたり、水道管を温めるためにヒーターを使ったりすれば水道管の凍結防止に役立つでしょう。わざわざ凍結防止グッズを買わなくても身近にあるもので凍結を防止できる優れものがあります。
発砲スチロールは保温保冷効果に役立つものであることをご存じの方も多いかもしれませんが、水道管を発砲スチロールで覆うことで水道管の温度が下がるのを防ぐことができます。

水抜きの方法

ここからは、具体的な水抜き方法について簡単に説明します。
電動式の水抜き栓の場合は、ボタンを押すだけで自動に水抜きが行われますので、ご自分で他に何か行なう必要はありません。
ご自分で行なう必要があるのはハンドル式のものです。ハンドル式の水抜き栓は床や壁に設けられていますので、設置場所を確認して下さい。アパートやマンションなどの場合はメーターボックスなどにあるケースが多いですから、まずはこちらから確認してみましょう。

水抜き栓を閉めて水道の蛇口を回して溜まっている水を出すだけでOKなので、とても簡単です。
凍結の原因となる水が水道管から無くなりますので、凍結防止策として、必ず行なうことをおすすめします。また、ガス給湯器を使った直後はお湯が給水管にたまっていますが、次第に冷えて行きますのでこちらも忘れずに水抜きをするようにしましょう。

トイレの凍結

水道管が凍結してしまうことをご存じの方は多いと思いますが、寒さが厳しい地域ではトイレが凍結してしまうことがあります。トイレにはお水が溜まっている状態の個所としてタンク、ウォシュレット、封水があります。

タンクやウォシュレットは水抜きを行なえばOKですが、封水はもともとトイレの臭いを抑えるためのものですので、水抜きを行なってしまうと悪臭が充満してしまうことになります。これには不凍液を封水に加えて対処するようにすれば、臭いに蓋をする効果はそのまま維持することができます。

凍結防止策を色々講じても凍結が起こってしまうこともあるでしょう。
そのときは凍結した水道管に熱湯をかけて溶かしたいと思うかもしれませんが、温度変化が大きいと水道管が破損してしまう恐れがありますので、お急ぎの場合は専門業者に対応を依頼することをおすすめします。

しまね水道職人は出雲市、松江市、浜田市などの島根県全ての地域で水のトラブルを解決するためのサービスを提供しています。水道管の凍結やトイレの凍結でお困りのときには、ぜひ、しまね水道職人にご相談下さい。

しまね水道職人(島根水道職人) 0120-492-315

しまね水道職人(島根水道職人) 0120-492-315