水のコラム

キッチンが水漏れでビショビショに…掃除方法とやるべきこと

2022年06月28日  キッチン

時間が経つとすぐに床がビショビショになってしまうキッチンの水漏れ。水漏れに気付いた後、どのように行動するかがカギになります。

この記事では、キッチンの水漏れ原因や対処法について詳しく解説します。いざという時のために知っておきましょう。

キッチンの水漏れ、原因はどこ?

キッチンの水漏れといっても、原因は1つだけではありません。ここでは、5つの水漏れ原因を紹介します。

パッキンが劣化排水口のパッキンが劣化すると、シンク下から水がポタポタ水漏れしてくることがあります。

パッキンの耐用年数は約10年。使用頻度や使い方によっては、それより早い段階で交換しなければいけないことも。排水口のパッキンだけでなく、排水管の接続部分のパッキンが劣化して水漏れすることもあり得ます。

排水ホースのずれ・破損キッチン下の水漏れの場合、排水トラップのパッキンだけが原因ではありません。

排水ホースにずれや破損があったときも、水漏れが起こることがあるのです。とくに、ビニール製の排水ホースは経年劣化すると、破損が生じる可能性も。

水漏れした際には、ホースに亀裂が入っていないかチェックしてください。亀裂が入っていない場合でも、排水トラップとホースの接続部分にずれが生じ、そこから水漏れすることもあり得ます。しっかり接続できているか確かめましょう。

シンクとキッチンの天板に隙間コーキングなど建て付けの際に使用するシーリング材が劣化して剥がれ、その部分に隙間ができることがあります。劣化や老朽化が起因している隙間の水漏れは意外にも気づきにくいもの。

定期的に隙間がないかチェックしてください。

蛇口の故障蛇口周辺から水漏れが発生している場合、蛇口の破損やパッキンの劣化が疑われます。

パッキンの劣化の場合は、パッキンを交換することで解決します。しかし、蛇口そのものが破損している時には、丸ごと交換しなければなりません。どの部位から水漏れしているのかチェックしておきましょう。

キッチンから水漏れしたとき、まずはこれをやろう

キッチンから水漏れした時には、止水栓を閉めることから始めてください。

キッチンの場合は、シンク下にあります。蛇口のようなハンドルを回すタイプと、マイナスドライバーなどを使って閉まるタイプがあるので、どちらのタイプか確かめて水を止めるようにしてください。

しかし、時には止水栓がサビて回らないといったことも。止水栓が見つからないこともあるかもしれません。その場合は、水道の元栓を閉めてください。

水道の元栓は、一軒家の場合は、敷地内の地面に埋まっています。マンション・アパートなどの集合住宅の場合は、玄関横のボックスの中に入っていることが多いでしょう。ただし、水道の元栓を閉めると家中の水がすべて出なくなります。元栓を閉めたらすぐに修理を依頼してください。

止水栓や元栓を閉めてからもしばらくの間は、ポタポタと残っている水が流れてくることも。被害が大きくならないように、水漏れ箇所の下にバケツやタオルを置いてください。

配管補修用テープを使って水漏れ箇所を保護することもできるでしょう。

また、賃貸住宅に住んでいる人であるなら、水道業者より先に管理会社に連絡してください。設備の不具合や老朽化が原因の水漏れの場合は、貸主側が費用を負担するのが原則となっています。

しかし、排水管に異物を詰まらせてしまったり、破損させてしまった等で生じた水漏れは、入居者側で対処しなければなりません。階下への影響も考えられるので、速やかに対応するようにしましょう。

キッチン水漏れの予防方法

キッチンの水漏れを予防するためには何ができるでしょうか。まずは、排水管をつまらせないようにすることが重要です。毎日の何気ない習慣がつまりの原因になっていることもあるでしょう。

たとえば、油をそのまま排水口に流すことがあるかもしれません。油汚れは、排水口つまりの大きな原因です。キッチンペーパーなどで拭き取ってから洗うようにしましょう。

また、排水口や排水管の掃除をまめにすることも大切です。毎日キッチンを使い終わった後には、お湯を10秒ほど排水口に流すようにしてください。そうすることで、排水口内に溜まっている食材や油を取り除けます。

さらに、お湯だけで取り除けない汚れはパイプ用クリーナーを使って取り除いてください。

シンクの排水口内にパイプ用クリーナーを流し込み、配管内部の汚れを除去する方法です。放置時間は、長くても短くても効果がありません。適切な使用量と時間を守って使用するようにしてください。

お湯とタオルで排水管つまりを予防することもできます。

排水口にタオルを詰めて、シンクにお湯を7割ほどためます。その後、タオルを一気に抜いてお湯を排水管に流し込んでください。軽い排水管つまりの際に効果的な方法です。

ただし、排水管や下水管の手の届かない場所のつまりには対応していません。水道蛇口を強く締めすぎないようにすることも重要です。蛇口を強く締めすぎると、蛇口ハンドルを傷めることに。

その結果、水漏れが生じることがあるのです。水道を扱う際には、強い力で締め過ぎないように注意してください。加えて、シンクの破損が水漏れを招くこともあります。洗剤やハイターを長時間放置すると、腐食の原因に。シンクに付いた洗剤汚れは、こまめに落とすようにしましょう。

水漏れの修理業者、どこに依頼する?

キッチンからの水漏れは、自分で対処するのは困難です。水漏れした際には、すぐに修理業者を呼ぶようにしてください。どんな業者を選べばよいのでしょうか。

まず、自宅へすぐ駆けつけてくれる業者を選ぶようにしてください。水漏れがひどい場合、事態は一刻を争うもの。自宅から1時間や2時間もかかるなら、水漏れが悪化してしまいます。

水漏れレベルでも変わりますが、30分〜1時間以内で駆けつけてくれる業者を選ぶのがおすすめです。また、業者に依頼する際には、適正価格であることも確かめておきましょう。

中には、料金総額しか提示されていない業者も。その場合、何にどれだけの費用を使ったのかが把握できないため、気付かないうちに余分に費用を請求されているということも。必要以上に料金を支払わないためにも、内訳まで書かれている業者を選んでください。

一般的な相場価格は、8,000〜15,000円ほど。施工内容によって費用に変動はありますが、相場からあまりにも高すぎる業者は避けた方がよいでしょう。さらに、相場と比較して安すぎる業者も避けてください。相場より安いのには何か理由があるはず。

修理が雑だったり、修理とは別に費用を請求されることがあるかもしれません。加えて、依頼する際には、技術力がある業者かどうかをチェックして依頼してください。ホームページ上には、創業年数や実績件数が掲載されているはず。それらを確かめて、高い技術力を持っている水道業者に依頼するようにしましょう。

まとめ

パッキンや蛇口の故障など、キッチンの水漏れ原因はさまざま。水漏れが生じたときには、慌てずに止水栓や元栓を閉め、水漏れ箇所をバケツやタオルでカバーしてください。

キッチンの水漏れは、複雑なので、自分で解決することはおすすめしません。早めに水道業者を呼んで対処してもらいましょう。その際は、適正価格で修理してくれる技術力のある業者に依頼することがおすすめです。普段からキッチン周りをしっかり掃除することで、水漏れを防いでいきましょう。

しまね水道職人(島根水道職人) 0120-492-315

しまね水道職人(島根水道職人) 0120-492-315